•  スポンサー広告 

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑

    2006年03月25日 [02:05] [映画レビュー]中国映画 

    花様年華 In the Mood for Love

    「花様年華」  5点満点中 ★★★★★
    監督:ウォン・カーウァイ
    出演:トニー・レオン/マギー・チャン/スー・ピンラン/レベッカ・パン/ライ・チン

    ■AWARDS■
    ★イギリス・アカデミー賞★
    外国語映画賞 ノミネート

    ★ブロードキャスト映画批評家賞★
    外国語映画賞 ノミネート

    ☆シカゴ映画批評家賞☆
    外国語映画賞/作曲賞/撮影賞 ノミネート

    ★全米映画批評家賞★
    外国語映画賞/撮影賞 受賞

    ★ニューヨーク映画批評家賞★
    外国語映画賞/撮影賞 受賞

    ■PLOT■
    1962年、香港。新聞社で働くチャウ(トニー・レオン)夫婦がとあるアパートへ引っ越してくる。そしてその日、チャウが間借りする部屋の隣に、チャン(マギー・チャン)夫妻が越してくる。二組の夫婦は忙しい毎日を過ごし、次第にすれ違いの毎日を過ごしている事に気づく二組の夫婦。ある時、チャウは自分の妻がチャンの夫と不倫している事に気づく。

    ■COMMENT■
    ウォン・カーウァイ監督は、脚本を使わないことで有名である。脚本という映画のベースが無く、ここまで構成・細部等にわたりしっかりとした映画が出来るとはカーウァイ監督に最大の賛辞を贈りたい。

    まず魅力的なのがマギー・チャンが身につける衣装である。全てのシーンにおいて、別々のチャイナドレスを着て、合計で46着ものドレスを着用したとのこと。その全てのドレスが素晴らしい!このチャイナドレスを見るために本作を見るのもありかなと思うほどの美しさである。また、撮影方法もスローモーションを多用し、セット自体も色彩豊かなので、その中でのマギー・チャンは大変画面に映えていました。髪型やメイクも当時の60年代の中国をよく表していたと思う。なんとヘアーメイクアップに毎日5時間かけていたとのこと。それで、撮影に15ヶ月もかけてたわけなので、どれだけマギー・チャン大変だったか!

    チャウとチャンは自らのパートナーが浮気している事を知り、お互いに惹かれあっていきますが、中々ベッドを共にしません。簡単にはベッドシーンに移行しないわけです。というかベッドシーンが出てこない!しかし!前述したようにスローモーション多様の映像、また本作自体が持つ雰囲気が何ともエロイ。「官能的」である。チャウはなかなか踏み切れない男。チャンは揺れる女。この二人の感情を映像でもものの見事に表現していて、ウォン・カーウァイ監督は、全てを語らない演出に徹底している。全てを映さない、全てを語らない演出は本作からカーウァイ監督作品にて継続して使用されている。この後の「2046」「愛の神、エロス」でも同様である。本作は、観客が持ち合わせる想像力を巧みに利用し、映画を更に発展させている。驚くべき演出である。簡単に言えば、本作は何も考えずにぼけーっとして鑑賞すると、話自体はもやもやするばかりで、大して面白くないかもしれない。しかし、我々観客が像増力を駆使し、チャウやチャンの関係を「想像」することにより、本作は一気に強大な雰囲気を醸し出し、また、観客の「想像力」を書き立てるパワーを持っているのだ。

    これまでに強大な力を持つ本作は、実は大変「静か」な作品である。静かで滑らかに流れていく。最後は「ここで終わり?」という感じがするかもしれませんが、本作から「2046」へ繋がる良いステップとなっています。

    私は、本作の一番ラストシーンが大好きだ。チャウがカンボジアのアンコールワットに行き、くぼんでいる穴に向かって何かを呟く。その時のチャウの表情は映らず、ただただチャウの顎が映るだけだ。観客は、チャウがチャンとの秘密を穴に向かって話しているのだと気づく。なんという切なく・また美しい演出でしょう。胸がときめきました。そして、穴に向かって話しているチャウをアンコールワットの子供の僧が上から見下ろしているのです。きっとこれから先、チャンとチャウは会うことは二度と無かったのでしょう。

    過去は触れる事は出来ない。
    当たり前ですが、身に染みました。
    スポンサーサイト

    Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    2006年02月26日 [05:11] [映画レビュー]中国映画 

    PROMISE 無極

    「PROMISE 無極」  5点満点中 ☆
    監督:チェン・カイコー
    出演:チャン・ドンゴン/真田広之/セシリア・チャン/ニコラス・ツェー/チェン・ホン

    ■AWARDS■
    ☆ゴールデン・グローブ賞
    外国語映画賞 ノミネート

    ■PLOT■
    時は戦乱の時代、両親を亡くしその日の食べ物にさえ困り、今にも行き倒れになりそうであった少女・傾城は女神と愛と引き換えに何不自由ない暮らしと男からの寵愛を得ることを約束する。そして彼女はいつしか王妃の座へと上りつめたのであった。その頃、欧の下にそびえ立つ大将軍光明は、奴隷・昆崙と共に王のもとで起きている反乱を鎮めるいくが…

    ■COMMENT■
    ダメだった。ついていけなかった。
    内容は至って単純なんだが、かなりの薄っぺらさ。
    だって、一番最初にチャン・ドンゴンがバッファロー(?)の群れと共に、四つんばいでもの凄い勢いで走るんですよ!!!

    ところどころ、チープな笑いをあからさまに狙っているシーンが多々あり、非常に不愉快であった(人差し指が立っている棒とか…)

    作風はファンタジー感たっぷり。ただ、戦闘シーンとかもうちょっと上手く撮って貰って、演出もテンポ良くして、そうすればちったぁ面白くなったと思う。本作と似た映画でイーモウ監督の「HERO」「LOVERS」は大変感銘を受けましたので。特に撮影・演出に。

    演技・演出・編集・脚本、全てイマイチ。
    こんな映画がどうしてゴールデン・グローブにノミネートされたのか意味不明だ。チェン・カイコーもここまで来るとかつての「覇王別姫」が夢のようである。

    CGもここまで来るとお粗末にも程がある。物語のラスト、ホント意味分からん。なんじゃありゃ!!

    Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    2006年02月11日 [22:26] [映画レビュー]中国映画 

    2046

    「2046」  5点満点中 ★★★★★
    監督:ウォン・カーウァイ
    出演:トニー・レオン/チャン・ツィイー/コン・リー/フェイ・ウォン/マギー・チャン/チャン・チェン/カリーナ・ラウ/木村拓哉

    ■AWARDS■
    ・ロサンゼルス・フィルム・クリティックス
    プロダクション・デザイン賞 受賞
    ・ナショナル・ソサイエティオブ・フィルム・クリティックス
    撮影賞 受賞
    ・ニューヨーク・フィルム・クリティックス
    撮影賞/外国語映画賞 受賞

    ■PLOT■
    1960年代、新聞記者から作家へと転身したチャウ(トニー・レオン)。彼は香港にあるとあるホテルの2046号室を間借りする事になる。そのホテルでは支配人の娘ジンウェン(フェイ・ウォン)が日本人男性との許されぬ恋をしていた。その事を知ったチャウは「2046」というタイトルの近未来小説を書き始める。舞台は2046年。主人公の男性(木村拓哉)は失われた愛が手に入るという「2046」へ向かう。一方、チャウは同じホテルに間借りしている水商売の女バイ・リンと愛し合っていく。チャウは2046を書き進めていくうちに、自分が過去に愛した女性たちのことを思い出す。次第に、チャウは2046の主人公に自分自身を投影するのであった。

    ■COMMENT■
    素晴らしいの一言です。

    ウォン・カーウァイの魅力に溢れているそんな作品でした。作品自体には際立つ新しさというものは無かったが、カーウァイ監督自身、今までの作品の集大成的意味合いを本作は含んでいるのであろう。監督の作品中では愛は決して成就しない。だからこそ美しいのではないのだろうか。

    恐らく今回の脚本は(噂では脚本は無いというが、筋は確実に存在する)役者を想定して書いた「あて書き」であろう。それぞれの役者の魅力が存分に活かされていた。

    クリストファー・ドイルによる撮影も一級品。これぞまさに60年代の香港だと感じた。梅林茂による音楽もこの作品の雰囲気とマッチして、究極のハーモニーを奏でていた。

    演技の点では、トニー・レオンにつきます。あまりにも濃密過ぎて、お腹いっぱいという感じの演技。憧れます。チャン・ツィイーも本当に可愛くて、演技もお上手ではまり役です。最後の方に登場してきて、一気に作品を盛り上げるコン・リーのまるで「台風」のような強力な存在感。究極の存在感を残して、跡形も無く消えていく…そんな演技でした。素晴らしかったです。確か、コン・リーはカーウァイ作品初出演じゃないでしょうか。素晴らしいです。

    ただし、木村さんは頂けません。ファンの方々には申し訳ありませんが、本人は頑張っていたと思いますが、元々彼が登場するSFパートは物語にはあまり必要とされない、カットしてもいいところだと判断します。彼の台詞回し、目の動きや感情の表現の仕方など、非常に気になりました。これが日本のTVなら許されると思いますが、周りに出演されていた方々がアジアを代表される俳優の方々でしたので、どうしても劣って見えました。

    そんな彼をもフォローしてしまう作品の出来。
    どうしてもレスリー・チャンにも本作に出演して欲しかった。
    まるで2046のように叶わぬ夢ですが…

    Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    2006年02月07日 [22:24] [映画レビュー]中国映画 

    単騎、千里を走る。

    「単騎、千里を走る。」  5点満点中 ★★★★

    監督:チャン・イーモウ
    出演:高倉健/寺島しのぶ/中井貴一/リー・ジャーミン/チュー・リン

    ■PLOT■
    漁村に暮らす高田のもとに、息子の嫁から息子・健一が原因不明の病により、入院しているとの知らせを受ける。しかし、父と息子の間は確執により10年も会っていなかった。東京の健一のもとへ見舞いに行くが、面会を頑なとして拒否する健一。嫁は、健一が中国の仮面演劇に熱心だった事を知らされ、高田は単身、病に伏せている息子の変わりに中国へ渡り、息子の夢だと思われた演劇・「単騎、千里を走る」を撮影し、息子に見せようと決心する。

    ■COMMENT■
    さすがチャン・イーモウ!!
    見せてくれます!!

    壮大な中国の景色、まるでスクリーンに収まらずに、観客の眼下へと迫り来る美しい情景。

    そして、今や中国でなく世界の名監督の仲間入りを果たしているチャン・イーモウの隅々まで光る演出の上手さ。唸らせてくれました。

    単身、中国へと渡り孤独とまるで言葉が分からない国で、自分の思うように事を進める事が出来ない自分への不甲斐なさを上手く演じた高倉健。

    きっと脚本にもう一ひねりあったらもうちょっとインパクトが出てもっともっと良作になったかも。まぁ、これはこれで、出来は大変素晴らしいです。

    日本語がおぼつかないガイド役のチュー・リンをはじめとし、リー・ジャーミン、ヤン・ジェンボーなどの中国人の演技が初めての方々も大変健闘されていました。

    Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

      日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
      当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



      当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
      にほんブログ村 映画ブログへ

      50音順映画レビューは↓↓↓

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。