スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑

2006年04月20日 [04:53] [映画レビュー]韓国映画 

英語完全征服

「英語完全征服」  5点満点中

監督:キム・ソンス
脚本:キム・ジヨン/ノ・ヘヨン/チェ・ヒデ/キム・ソンス
出演:イ・ナヨン/チャン・ヒョク/アンジェラ・ケリー/ナ・ムニ/キム・ヨンゴン/キム・ヨンエ/キム・インミン/ムン・ミボン/イ・ボムス/ユ・ヘジン/チョン・ジェヒョン

■PLOT■
公務員のナ・ヨンジュ(イ・ナヨン)は、多少なりとも妄想癖があり、新聞のスポーツ欄の占いコーナーを読む毎日。自分の魅力を世の中が分かってくれないと嘆くヨンジュであるが、実際は至って普通な生活を送っていた。ある日そんなヨンジュが働く市役所に外国人が現れ電話代の料金についてあれこれおヨンジュに質問する。もちろん答えられないヨンジュと市役所の職員たち。その日の飲み会で、「市役所には英語をしゃべる奴がいなくてはいけない!」との事により、英語完全征服者に選ばれたヨンジュは英会話学校で英語を学ぶ事となる。しかし、英会話学校で出会ったムンス(チャン・ヒョク)に心を奪われたヨンジュは、ムンス事自分が待ち望んだ男だと信じ、「愛する女には英語で告白する」とのムンスの言葉を頼りに、ヨンジュは必死に英語完全征服に向けて、猛勉強する。

■COMMENT■
『僕の彼女を紹介します』のチャン・ヒョクと『小さな恋のステップ』のイ・ナヨン主演のコメディ映画。典型的なロマンス映画でもあり、若干展開が単調ではあるが、韓国の英会話事情も垣間見え、英会話の上達方法まで学べてしまう本作はオトク☆かもしれません。韓国でも日本でもお隣の国同士、国民性も多少なりとも共通する部分があるのでしょうか。英語で質問されて意味も分からずに「yes,yes」と答えてしまうヨンジュ。また、質問が分からないと笑ってごまかすヨンジュ。自分を笑っているのかと思い「何がおかしいんだ?」と怒るアメリカ人。確かに、アメリカの感覚ではこれはご法度ですね。このように、日本人でも見受けられる英語事情が韓国でも同じなのかと知り、韓国にちょっと親近感が湧きました。日本の英語レベルも相当低いとは思いますが、韓国も余り変わらないんだなぁ。しかし、1点だけ思ったのが、アメリカ人(のことしか分からないので、敢えてアメリカ人と呼ぶ)は、どうして英語が公用語で無い国でも平然と英語を使って離しかけてくるんだろう?そして、英語を喋らないと「なーんだ」みたいな顔をする…「郷に入っては郷に従え」ですよ!

初めてイ・ナヨンさんを見ましたが、彼女の魅力満載のステキな映画に本作は仕上がっており、彼女の力で110分ある上映時間をぐいぐいと引っ張って行っている感じを受けました。演技もコミカルな演技とドラマ演技という全く異なる性質を持つ演技の使い分けがきちっとできる女優さんですね。一方、チャン・ヒョクさんは残念ながら他作品の男性主人公に比べて余り魅力に欠けるのかなぁという感じは否めませんでした。何故か?①あんまりかわいくない?②わりと簡単に手に入る感じがする。要は、敷居が低い感がたっぷりなのである。なので、魅力たっぷりなヨンジュがムンスを追いまくる事が、ちょっとイタイのである。だって、ヨンジュも眼鏡で多少は平凡な女性を演出しているが、スタイルの良さや整った顔を隠すことは出来ず、明らかに美人だからだ。

僕の中で大笑いしてしまったのが、これは韓国語が良く分からないとちょっと難しいかもしれないのですが、英会話学校の女性教師であるキャシーが生徒に話しかける時に一切敬語を使わないのである。というか…使えないのです。常に命令している口調で、「おまえ」とか平然とした顔で使うのである。これにはうけた。笑って、ちょっと胸を揺さぶるシーンもあり、楽しめました。ただ、僕としてはロマンス映画に関しては男女に魅力が無いとつまらなくなってしまうので、チャン・ヒョクさんだけはイマイチ馴染めなかったかなぁといった感じでした。
スポンサーサイト

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年04月18日 [01:38] [映画レビュー]韓国映画 

連理の枝

「連理の枝」  5点満点中

監督:キム・ソンジュン
出演:チェ・ジウ/チョ・ハンソン/チェ・ソングク/ソ・ヨンヒ/キム・スミ/ソン・ヒョンジュ/チン・ヒギョン

■PLOT■
ゲーム会社の若社長ミンス(チョ・ハンソン)はプレイボーイ。捨てた女性は数知れず。ある雨の日、ミンスはバス停で雨宿りをしている女性・へウォン(チェ・ジウ)をナンパ。彼女の目的地である病院まで車で送り届ける。ミンスは車に忘れられたヘウォンの携帯電話を見つけ、ヘウォンを3日で口説き落とすと友人であり会社の共同経営者であるギョンミン(チェ・ソングク)に豪語する。ヘウォンを探すために体の総合検査という名目で病院へ入院するミンス。そしてヘウォンと再会する。ヘウォンはこの病院の入院患者であり、時たま病院を抜け出していた。お茶目で魅力的なヘウォンに今までに無い感覚を抱くミンス。しかし、ミンスが近づくにつれて離れていくヘウォン。そんなヘウォンには隠された秘密があった…

■COMMENT■
これぞ「究極の恋愛映画」と呼ぶに相応しい名作でした。「恋愛映画」を際立たせるありとあらゆるエッセンスがそれぞれ最高に本作を引き立たせている。まずは主人公が不治の病にかかっていること。これは恋愛映画にはかかませません。男性の主人公がお金持ちのプレイボーイであり、お茶目で可愛い女性主人公に恋をすることにより恋愛感が変わり、彼女だけを愛するようになる。そして、主人公には友人がいてその友人同士で恋におちる。そして、その友人たちは面白おかしく観客の笑を誘うシーンが多数ある。これも恋愛映画では必須です。(本作では更に病院の医師と看護士の恋愛話もあり、またこの二人のやり取りが観客の笑を誘っていました)そして、主人公二人の恋愛を最高に盛り上げる主題歌と音楽。今までの恋愛映画・ドラマから良いエッセンスを研究しつくし、それらの良い部分を全て取り入れてまるで制作されたのではないかと思われるほどの定番オンパレードであるが、それぞれの映画を面白くさせるための要素が最高レベルで心地よく融和されているため、分かっていても何故か泣けてしまいました。これぞ「最高にストレートな恋愛映画」であり、「確実に泣ける恋愛映画」です。ストレートな恋愛映画を求めている方は、本作を鑑賞すべし!

ミンスとヘウォンの出会いから、各々の背景を描き、恋愛へと発展していくまでの前半はかなりのコメディ・タッチ。キザでクールなプレイボーイをチョ・ハンソンが堂々と演じ切り、勝気でお茶目で魅力的なヘウォンをチェ・ジウが生き生きと演じていました。特にチェ・ジウはヘウォンという役柄に命をもたらし、彼女の魅力が本作を更に良いものへと発展させました。この二人の恋愛話がもちろんメインではありますが、他の二組のカップルもちょこちょこ出てきて笑いを生み出していく。そして、後半になると一気に主演の二人のみに絞られ、二人の悲恋で最高に盛り上がるという仕掛けになっています。監督は様々な泣きポイントを劇中に用意しており、私はまんまと監督の意図にはまり泣きじゃくってしまいました。

本作はただ悲しいだけではなく、「人を愛する事」の大切さ・儚さを静かに観客に伝えてきます。既に余命が限られている状況の中、一生分の幸せを得て、一人の人間を最高に愛する。愛は強いですね。人を想う気持ちがいかに大切なのか、改めて知ることが出来ました。「死」とは一体なんだろう…という台詞が出てきますが、私にも良く分かりません。ただ、死が二人を引き離す事は出来ないのだと感じました。二人の気持ちはいつまでも繋がっているのだと。本作では「死」がテーマになっている部分もありますが、全体として決して重い雰囲気ではなく、二人の愛情たっぷりの、見ていて幸せな気分になれる、そんな映画でした。

カップルの皆様には最高のデートムービーだとお思いますよ!

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年04月16日 [04:02] [映画レビュー]韓国映画 

霊 -リョン-

「霊 -リョン-」  5点満点中

監督:キム・テギョン
出演:キム・ハヌル/リュ・ジン/ナム・サンミ/シニ/キム・ヘスク

■PLOT■
女子大学生のジウォン(キム・ハヌル)は、ある日突然記憶喪失へとなってしまう。全く高校時代の記憶が思い出せないジウォンは、気持ちを新たに人生をスタートさせようと留学を決意する。しかし、ジウォンの母親(キム・ヘスク)は、ジウォンの留学に関して全くいい顔をしていない。既に父親が他界している今、ジウォンが留学してしまうと家に一人きりになってしまう。母親はジウォンに留学を思いとどまるよう懇願するのであった。そんな折、ジウォンの目の前に高校の頃の友人が現れる。その友人を思い出せないジウォンであったが、その友人は怪奇現象に悩まされており、ジウォンの身の回りでも起きていないか尋ねるのであった。その頃から、ジウォンは奇怪な現象に遭遇していく…


■COMMENT■
まずこのポスターをご覧下さい⇒⇒⇒
韓国版のオリジナル・ポスターですが、何と怖いんでしょう。このポスターに惹かれました。正直自分はホラーに関しては厳しい目を持っていると思う。とは言うものの、ホラーは大好きである。ホラーが好きというかお化けや霊魂などそういった類の話が大好きである。何度も霊魂と呼ばれるものに遭遇した事があるし、怖い思いをした事がある。ちょっと話が脱線してしまいましたが、その霊魂を人間が作り出し、観客の恐怖を煽るのがホラー映画である。大前提として、ホラー映画は「作り物」であり、本物のお化けなんか出ているわけが無いのである。そう考えると、ホラー映画はちっとも怖くない。恐怖を感じなくなってしまった。なので、ホラーでも単純に観客を驚かせるものだけではなく、結末で大逆転が用意されていたり、感心する映像技術や音の使い方、出演者たちの演技が好調だったりすると私としては非常に嬉しいのであり、映画の評価へと繋がる。そういった観点から本作を評価すると、「怖さ」が2点、キム・ヘスクの演技と結末に1点の合計3点であった。(ただ、他の人の意見を聞くと、本作は結構「こわい」と評判)

キム・ヘスクの演技に関しては、ラストに近いシーンで大きな見せ場が待っており、ヘスクお母さんファンとしては、大変嬉しい限りでした。このキム・ヘスクという女優さんは、韓国のお母さん的な女優さんであり、ドラマ「秋の童話」「冬のソナタ」、映画「マイ・ブラザー」「大変な結婚」などで活躍。ヘスクお母さんが出演されていると、必ず何か一波乱あるので、どうしても期待が高まってしまいます(笑)コメディ映画で印象深いキム・ハヌルも全く異なる二つの人格を使い分けるシーンが登場しますが、大変上手に演じ分けることが出来ていて、単なるコメディ女優ではないという事を照明した形になりました。自分自身の役柄の幅を広げたといえるでしょう。

ところで、韓国ではいじめが社会問題と化しているのでしょうか?、こういったホラー映画ではいじめられて死んだ女生徒が霊魂としていじめた奴を殺していく…みたいな基本プロットが存在しているような気がしないでもないのですが、如何でしょう?

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年04月12日 [10:49] [映画レビュー]韓国映画 

四月の雪(原題「外出」) April Snow

「四月の雪」  5点満点中 

監督:ホ・ジノ
出演:ペ・ヨンジュン/ソン・イェジン/イム・サンヒョ/リュ・スンス/キム・グァンイル



■PLOT■
妻の交通事故の知らせを聞いたインス(ペ・ヨンジュン)は病院へと駆けつける。その廊下には、夫が交通事故で搬送されているソヨン(ソン・イェジン)がいた。二人の伴侶は同じ車に乗車しており、その後の調べでインスの妻とソヨンの夫は不倫関係にあったという事実が発覚する。伴侶に対し、複雑な心情がこみ上げるインスとソヨン。怒りとも悲しみともつかないその心情を背景に、いつしかインスとソヨンの二人は惹かれあっていく…




■COMMENT■
ヨン様来日中、東京国際フォーラムでジャパンプレミアが開かれ、僕は意気揚々とプレミアの前に国際フォーラムで開催されたマスコミ向け試写に乗り込んだが…まず驚いたのが客席の空席の多さ。50%も埋まっていなかった。そりゃ、マスコミ関係の皆様もお忙しいとは思いますが、幾らなんでもあのヨン様なのに、このガラガラ加減は何!?と目を疑ってしまいました。結局、僕が鑑賞した後に開催されたジャパン・プレミア自体は盛り上がったようですが…結果として、興業自体は韓国映画としては大成功を収め、さすがヨン様パワーを感じました。

作品自体は、完全に空回り。全てがかみ合っていないのである。まず、余りに物語を淡々と描いているので、主演の二人の心情が我々観客に伝わってこない。主人公たちが実際に何を考えて行動しているのか、どう思っているのか…それが伝わってこないがために、主人公二人に共感出来ず、良くわからない人の物語なんか見てもまったく面白くないのである。それに輪を掛けるかのごとく、主人公二人がそれを演技で全くカバー出来ていないのである。ペ・ヨンジュンはよく言えば安定感はあるものの、表情は常に同じで、感情が一切無い。ソン・イェジンは、不倫され、夫の不倫相手の夫(=ペ・ヨンジュン)との恋愛との狭間で苦悩しているようには全く見えず、ただただ幼稚に何も考えずに行動する幼稚園生のような印象を受けた。二人とも役柄に更に深みを加えることが出来ていないので、ここでも力不足は否めず。更に輪を掛けるかのごとく、非常に苛立ちを感じる微妙な編集と、監督が主演の二人のやり取りの間にもたらす微妙な「間」。そして、監督による「アップ」の多様。表情の無い方々のアップを映してもしても苛立ちを感じるだけ。更に、本作では台詞が圧倒的に少なく、重複しますが俳優の心情が全くわからない。挙げればきりが無いほど、映画をつまらなくさせる要素が存在してしまっています。

しかし、本作にも優れたがあり、冒頭とラストのカットが優れた対比を表していて実に見事である。また細かな「音」に関しても特筆すべき細かな演出がなされている。音楽は作中シーンと合っていないのだが、細かな「音」に関しては、素晴らしい。

鑑賞中、正直早く終われと思いつつ、さすがにクライマックスは何かあるだろうと思っていたら、特に盛り上がりも無く、終わってぽかーんといった感じでした。見終わって、「四月の雪」と言うよりも、原題の「外出」の方が雰囲気合ってよっぽどましだなと配給先のネーミングセンスにも疑問。せっかくヨン様が頑張ったらしいのに、残念な映画でした。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年04月12日 [09:47] [映画レビュー]韓国映画 

恋愛の目的 Rules of Dating

「恋愛の目的」  5点満点中 

監督:ハン・ジェリム
出演:パク・ヘイル/カン・ヘジョン/イ・テヨン/パク・クリナ/パク・チュンミョン/ソ・ヨンファ



■PLOT■
高校の英語教師ユリム(パク・ヘイル)は、1つ年上の美術担当の教育実習生ホン(カン・ヘジョン)に思いを寄せていた。ある晩、一緒に酒を飲んでいる二人。突然、ユリムはホンに対して「一晩共に過ごしたい」と告げる。男性はそれをコミュニケーションの手段のひとつと考えており、親しくなるためには必要なことだと。ホンはそんなユリムのことを相手にしなかったが、次第にユリムの行動はエスカレートしていくが、かつて恋愛で傷ついたホンはそんなユリムに少しずつ惹かれていき…



■COMMENT■
東京国際映画祭において、初めて日本で公開された(はずの)本作。「親切なクムジャ」さんを東京国際映画祭で鑑賞するため、同日の朝に上映する韓国映画を見て、気分を盛り上げてからクムジャさんを鑑賞しようと思いたち、たまたま鑑賞した本作でしたが…最高に面白い!大正解でした☆監督とプロデューサーによるティーチ・インも行われ、贅沢な解説付きでの鑑賞と相成りました。

本作は、韓国映画でよくある「えーっ!こんなのあり!?」と疑問が湧いてしまうようなラブロマンスではありません。人間が抱える性欲から発展する恋愛を描き、日々人間が抱えている現実を鋭く描いた作品でもあります。主人公の男性教師ユリムには結婚を目前とした彼女がいるにも関わらず、自分よりも1歳年上の教育実習生ホンと性的関係を共にしたいと強く願望を抱きます。都合の良いことに「その彼女と結婚するまで、恋愛したい」なんて台詞まで登場します。ホンはもちろん反発しますが、過去に恋愛で傷ついて教師をクビになってしまった経験のあるホンはそんなユリムに心を開いていきます。ユリムの事が好きではないんだけれども、彼の匂いが好きだ。これがユリムに心を開くきっかけとなります。こういった展開がなんとも面白く、観客としてはこの二人(特にユリム)のやり取りがもう大爆笑必死でした。劇場でインド人のおばさんの横で大笑いしてしまいました。ユリムの「恋愛の目的」はホンの体でしかなく、そのためには様々な奇怪な行動を繰り返し、それが観客の笑いを誘います。卑猥な言葉も幾度となく登場しますが、それが逆に人間の本質を「正確に」に描いているのではないかと、監督の本作に対する姿勢に好感が持てました。恋愛には「笑い」もおおいけれど「泣き」も多いんだなと。要はキレイな恋愛はそうそう無くて、実際の恋愛関係を見ると、みなさん実際のところどうなの?という寒天を持った映画でした。最後に至っても、通常の恋愛映画とは異なる展開が用意されており、胸を揺さぶられました。

あえて涙を誘うようなストーリーになっているわけでもなく、テンポ良く、しかし淡々とまるで正反対に位置する要素を持ち合わせて物語りは進行します。一気に物語を見せる監督の技術は素晴らしいと大変感心しました。主演のパク・ヘイルとカン・ヘジョンも力み過ぎず、しかし体当たり演技を披露していました。

期待を上回る素晴らしい映画。早く日本での公開を希望する毎日です。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
    当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



    当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
    にほんブログ村 映画ブログへ

    50音順映画レビューは↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。