スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑

2006年03月20日 [21:12] [映画レビュー]アニメ映画 

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! Wallace & Gromit:The Curse of the Were-Rabbit

「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」  5点満点中 ★★★★★

監督:ニック・パーク/スティーブ・ボックス
出演:ピーター・サリス/レイフ・ファインズ/ヘレナ・ボナム・カーター/ピーター・ケイ/ニコラス・スミス

■AWARDS■
★アカデミー賞★
アニメ映画賞 受賞

★ブロードキャスト映画批評家賞★
アニメ映画賞 受賞

★ロサンゼルス映画批評家賞★
アニメ映画賞 受賞

■PLOT■
年に一度開催される「巨大野菜コンテスト」を目前にして、ウサギにより畑が荒らされる事件が何件も発生する。おとぼけ発明家ウォレスと名犬グルミットは街の人々からの依頼により、畑を守るべく奔走していたが、ある夜、今までに無いほど何件もの家の畑が荒らされてしまう。そんな折、街では巨大ウサギの目撃談が噂されていた…

■COMMENT■
本作は所謂クレイアニメーションと呼ばれ、粘土で独特の世界観が表現され、撮影の際には1コマ1コマずつ粘土の形を動かして撮影するため、企画段階から完成まで5年もの歳月がかかったとのことである。最近の映像では余り見る事が出来なくなった「温かい映像」であり、良い意味で「手作り感」が楽しめる映画となっている。それゆえ、登場人物が皆とーっても可愛くて愛着を持つ事が出来る。何も考えずに鑑賞する事が出来て、シンプルに物語りに笑い、クレイアニメーションに感心する。こうシンプルにここまでの感動を得る事が出来るとは、恐れ入りました。

作品の出来自体もエンターテイメント性に溢れ、童心に帰りドキドキ・わくわくする事が出来る作品になっています。本作はアニメーションですが、決して子供達だけのためではなく、大人も楽しめる出来になっています。キャラクター1人1人の味付けが何とも楽しく、中でもウォレスに敵対心を抱くビクターのキャラクター造詣が大変面白かった。ああいう嫌な奴は現実の世界にもいるんですが、本作の中だと愛らしく感じてしまいます。また、「キングコング」「狼男」「ジョーズ」などの作品にオマージュを捧げたようなシーンが何箇所か出てきます。

色彩も粘土で作られたとは思えない程、色彩豊かである。音楽も一言触れておかなければいけない程、魅力的でした。

本作は2005年公開作品の中で最も楽しく、最もエンターテイメント性溢れる、楽しい作品でした。
スポンサーサイト

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年03月14日 [04:18] [映画レビュー]アニメ映画 

ティム・バートンのコープス・ブライド Tim Burton's Corpse Bride

「ティム・バートンのコープス・ブライド」  5点満点中 ★★★☆

監督:ティム・バートン/マイク・ジョンソン
声の出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム・カーター/エミリー・ワトソン/トレイシー・ウルマン/アルバート・フィニー/クリストファー・リー/ジェーン・ホロックス

■PLOT■
むかしむかし、19世紀のヨーロッパ。貧乏な貴族の娘ヴィクトリアと商売が大儲けしてお金持ちになった夫婦の息子ビクターとの結婚式が行われようとしている。しかし、二人は一度も会ったことが無かった。両親の卑しい策略により二人は結婚させられる事になったのだ。ビクターがヴィクトリアの家を訪ねると、ビクターとヴィクトリアはいい感じに。お互いに好意を持つ。しかし、肝心の結婚式の予行の最中にビクターは誓いの言葉が言えない。よって式は延期される。一人森の中で誓いの言葉を練習するビクター。やっと、正しい誓いの言葉を言えたと思ったら、地面から死体の花嫁が出てきて、ビクターとの結婚を承諾する…!

■COMMENT■
これぞティム・バートンの世界が久々に堪能できる作品です。「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のようなストップ・モーションアニメであり、確実に「ナイトメア」の頃よりかは技術が上がっている。CGが最前線の今にこのストップモーションアニメである。多少、驚きました。

物語の設定で面白いなと思ったのが、「現世」よりも「死者の世界」の方が面白おかしく、楽しそうに描かれていたこと。「死者の世界」の方が色彩豊かだった事からも判断できますが、「現世」では、嫌な大人たちが自分たちのためだけに、他の人を利用したり、嫌な事を画策しています。たっぷり風刺が効いた作品でもあるのです。「死者の世界」の人々は、皆が楽しそうで他人に対しても優しいのに、「現世」の人々は自らのことしか考えていない(ヴィクトリアを除いて)。見事にそれぞれ対比されているのでしょう。

本作は1時間ちょっとの上映時間にもかかわらず、撮影にものすごい時間を要していると思う。ただ、私個人的にはやはり俳優の演技に注目して映画を鑑賞したいので、映画自体は大変面白かったが、この評価です。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年03月13日 [23:59] [映画レビュー]アニメ映画 

名探偵コナン 迷宮の十字路<クロスロード>

「名探偵コナン 迷宮の十字路」  5点満点中 ★★★☆

監督:こだま兼嗣
声の出演:高山みなみ/山口勝平/山崎和佳奈/神谷明/茶風林/高木渉/岩居由希子/高木渉/大谷育江/松井菜桜子/井上和彦

■PLOT■
コミックもアニメも大人気、名探偵コナン 劇場版シリーズ第7弾。とある寺から盗まれた仏像の隠し場所を記された絵の暗号の謎を解き明かすよう依頼された毛利小五郎。小五郎に連れられて、蘭とコナンも京都へとやってくる。暗号の謎を捜索する内に、美術品を専門に強盗を働いている集団の連続殺人事件を調査している西の名探偵服部平次とばったり会うコナン。そして、新たなる殺人事件が発生する…

■COMMENT■
今回の事件の舞台は京都だ。そして西の名探偵服部平次も大活躍する。しかし…これが同じ監督で同シリーズを撮り続けた限界なのか。どうも五作目までと比べて単調感が否めない。今回は殺人事件の謎解きや意外な犯人とのスリリングな対決みたいのは二の次で、京都を全面に出している。確かに京都はものすごく好きなので、コナン君や平次が京都で大
活躍してくれるのは見ていて楽しかったけど、やっぱり劇場版シリーズは、ドキドキ・ハラハラさせてくれないとなぁ…

劇場版シリーズ恒例の犯人と最後の対決も犯人に手下がいっぱいいて、なんか戦隊ものかと思いました。

ただ風情たっぷりの本作は通好みに作られている事は確かです。本作をもってこだま監督は劇場版シリーズの監督の最後となります。楽しい作品をありがとうございました!

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年03月12日 [22:41] [映画レビュー]アニメ映画 

名探偵コナン 世紀末の魔術師

「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」  5点満点中 ★★★★☆

監督:こだま兼嗣
声の出演:高山みなみ/山口勝平/山崎和佳奈/神谷明/茶風林/高木渉/岩居由希子/高木渉/大谷育江/松井菜桜子/塩沢兼人/堀川亮/宮村優子/壌晴彦/藤田淑子/林原めぐみ

■PLOT■
コミックもアニメも大人気、「劇場版 名探偵コナン」シリーズ第3弾。ある日警視庁に怪盗キッドからの犯行予告状が届く。今回キッドが狙っているのは、鈴木財閥が所有するロマノフ王朝の宝インペリアル・イースター・エッグ、通称メモリアル・エッグであった。警視庁と共にこのメモリアル・エッグをキッドの手から守る事となった名探偵毛利小五郎は、蘭・コナンと共にメモリアルエッグのある大阪へと向かう。そこで鈴木財閥会長と共に毛利小五郎を迎えたのは、ロマノフ王朝の宝をのどから手が出るほど欲しがっているものたちであった。

■COMMENT■
今回は第1弾「時計じかけの摩天楼」・第2弾「14番目の標的」に比べて、スケールが大きく、推理色も増していて、大変楽しめました。まず、今回は初めて劇場版シリーズに灰原哀、西の名探偵服部平次とその幼馴染の遠山和葉、更に怪盗キッドが登場。

物語の序盤は、大阪で怪盗キッドとの対決、そして海の上の密室、船上へと舞台を移し、後半は古城が舞台となる。そして、ロマノフ王朝やラスプーチンも絡みつつ、意外な真犯人が浮かび上がってくる…途中から、舞台が変わってしまうので、服部平次が出てこなくなってしまったのが残念。劇場版ではじめてキッドとの対決が見れるわけだが、今回、キッドは序盤で真犯人に狙撃され、途中から行方不明の存在になっているかと思いきや…!!!いやー、ちょっとびっくりしました。

今回は真犯人の正体にびっくり!
しかし、見る度に毎回思いますが、これは子供向けではないなぁ。子供が見ても多分、細かいところまでは理解出来ないのではないかと思う。正直、僕が「名探偵コナン」に完璧にはまってしまったのは、最近だしね。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年03月11日 [02:15] [映画レビュー]アニメ映画 

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼

「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」  5点満点中 ★★★★☆

監督:こだま兼嗣
声の出演:高山みなみ/山口勝平/山崎和佳奈/神谷明/茶風林/高木渉/岩居由希子/高木渉/大谷育江/松井菜桜子/塩沢兼人/石田太郎

■PLOT■
コミックもアニメも大人気!今年で映画10周年の超人気シリーズ「名探偵コナン」の映画第1弾。ある日高校生探偵工藤新一宛に建築家として名声を得ている森谷帝二からティーパーティーの招待状が届く。興味を持った工藤新一こと江戸川コナンは、毛利蘭に代理としての出席を頼む。その代わり5月3日の夜に蘭と「赤い糸の伝説」という映画を見る約束をするハメに。。。5月3日、特殊火薬盗難事件と連続放火事件が発生する。そして、工藤新一宛に電話がかかってくる。それは、少年探偵団が遊ぶ公園への爆破予告電話であった。しかし、これは連続爆破事件の始まりに過ぎなかった。コナンは爆弾を食い止めながら、徐々に浮かび上がってくる爆弾犯を追い詰めるが…!!!

■COMMENT■
ばろ~。マジで感動したぞ!
最後なんかちょい泣きしちゃったじゃないか!!!

今回は江戸川コナンVS連続爆弾犯だけあって、物語の展開自体がスピーディであり、リズミカルだ。正直、犯人は出てきた瞬間分かってしまう。だって、この人しか重要人物が出てこないんだもん。でも、コナンたち一行が次々と仕掛けられていく爆弾を食い止めていき、真犯人を追い詰める瞬間。そして、最後の爆弾解体。蘭と新一の愛。感動的。

ミステリー・推理ものとして本作を見ると他のシリーズの方が上であるが、なんたって本作はラストが感動的。

是非見てください、はまります。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
    当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



    当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
    にほんブログ村 映画ブログへ

    50音順映画レビューは↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。