スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑

2006年04月18日 [05:22] [映画レビュー]日本映画 

TAKESHIS'

「TAKESHIS'」  5点満点中

監督・脚本・編集:北野武
出演:北野武/京野ことみ/岸本加世子/大杉漣/寺島進/渡辺哲/美輪明宏/六平直政/ビートきよし/津田寛治/石橋保/國本鍾建/上田耕一/高木淳也/芦川誠/松村邦洋/内山信二/武重勉/木村彰吾


■PLOT■

芸能界の大物タレントとして名を馳せるビートたけし(北野武)にそっくりな売れない役者・北野(北野武)は、コンビニ店員として働きながら、オーディションを受ける毎日。しかし、オーディションにも中々合格せずに、役者として目が出ないままでいた。ある日北野は、偶然にもTV局でビートたけしと出会う。ビートたけしに憧れる北野。北野がどこか気になるビートたけし。やがて二人は夢か現実か分からない世界へと迷い込み、不思議な体験をする。


■COMMENT■
北野武監督いわく、「見るものを混乱させる映画にした」との事。ここで、北野監督に疑問を呈したい。何故、ストレートにメッセージをぶつけずに、混乱させる映画を作ったのですか?ここで、やっかいなのが北野監督はあえて混乱させる映画を作ってしまった事である。ゴダールやフェリーニ、ベルイマンなどは映画史の中でも難解だと言われる映画を多数監督しているが、彼らの場合は意図して「混乱」させようと思っていた訳ではなく、テーマを追求するうちに多少難解になってしまったのだ。しかし、あえてお金を払って映画を見る観客を混乱させようとは、北野監督はお人が悪い。確かに、混乱というよりかは北野監督の感性に全くもってついて行けずに、途中から本作への理解を完全放棄しました。全体的な感想として、本作は北野監督の自己満足映画であり、尚且つメッセージやテーマを有する事無く、私達観客は本作を鑑賞しても、(特に北野監督ファンではない限り)全く意味が無いのではなかろうかとさえ思いました。私自身、北野武さんは好きですが、映画監督・役者として北野武を見た際、残念ながら特に評価できる方だとは思っていません。故に、本作は好きでもない方の自己満足の映像を110分見せられただけでしたので、苦痛以外の何者でも無く、北野監督の方向性を疑った次第です。

何点か大変気になったのですが、中でも気になったのが銃撃戦シーンの多さ。銃を撃ってる北野さんの姿がある程度様になってりゃ少しは見るに堪えられるが、ただの金髪の中年おやじが何分間も銃を撃ってるシーンなんか見ても面白みが無い。多少銃撃戦を挿入してくるならまだしも、何度も何度も歯切れが悪い。大分、テンポ・リズムを悪くしていますね。あといい加減タップダンスも見飽きた。北野監督がどうしても観客に彼らのタップダンスを見せたかったのか、なんだかは詳細は分からないが、前作からしつこいんですよね。同じネタを何度も使いまわしたら、観客は常に新しいものを求めているので、そっぽを向いてしまうのは明白である。あと、不要なフラッシュバックの多様。これが説明過多になってしまっており、完全にリズムを崩壊させており、観客のいらいらも募らせる。あと、つまらないギャグの連続ね。自分自身でギャグを言わずに、ゾマホンとか使うのは卑怯。完全に寒いっすよ。

簡単に言えば、本作は北野武なる人物のお披露目映画である。つまりは芸能界でも大物の部類へと成長した北野監督が自分自身を見つめなおして、自分を主観的に・客観的に観察したのが本作なのだ。そうして、結局は自分自身のエゴを徹底的にさらけ出したのである。まぁ、監督というのはある程度力を持ってくると自分をさらけ出したくなる傾向があり、本作もフェリーニの『8 1/2』と比べて批評される方もいますが、とてもではないが比較にならず。北野監督が一番好き勝ってやって、監督ご自身が一番撮りたかった内容の映画であるとは思うが、残念ながら観客のニーズに応えず、好き勝手やると失敗するという良い例です。(かつてはアルモドバルの『バッド・エデュケーション』の例もありますね)
スポンサーサイト

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年04月17日 [06:20] [映画レビュー]日本映画 

容疑者 室井慎次

「容疑者 室井慎次」  5点満点中

監督・脚本:君塚良一
出演:柳葉敏郎/田中麗奈/哀川翔/八嶋智人/吹越満/佐野史郎/柄本明/真矢みき/筧利夫/北村総一朗/小野武彦/斉藤暁/津嘉山正種/大和田伸也/大杉漣/小木茂光/升毅/木内晶子/モロ師岡/高橋昌也



■PLOT■

「踊る大捜査線」シリーズの「交渉人 真下正義」に続くスピンオフ企画第2弾。2005年2月、警視庁の室井慎次管理官(柳葉敏郎)が指揮した殺人事件の容疑者である警察官が取り調べの最中に逃走、事故に合い死んでしまう。暴力的行為や過剰な取調べがあったとして、死んだ警察官の母親が室井を刑事告訴、やがて室井は逮捕される…室井の担当となったのは新米の女性弁護士小原(田中麗奈)であった。室井は一時釈放されるものの、相手方の灰島弁護士(八嶋智人)の執拗な追求により、警察官辞職へと追い込まれていく…


■COMMENT■
予告編の出来は上出来だと評価していましたので、期待がどんどん高まり見た結果…期待しすぎた分、ちょっとがっかりでした。

本作は織田裕二さん主演の「踊る」シリーズのスピンオフ企画の第2弾であり、柳葉さん演じる室井管理官が主演とあって、大変渋い・大人が見ても大変楽しめるような作りになっています。物語のプロットも凝っていましたし、キャスティングも絶妙、室井さんの過去の恋愛話があったりして、ちょっと涙を誘うシーンもありました。一つ一つの要素は非常に良かったのですが、私としましては全体的に上手にまとまっておらず、あっちこっちでごちゃごちゃしてしまって、大変分かりづらかったというのが鑑賞後の率直な感想です。一つ一つのプロット・構成は非常に良く練られているにも関わらず、登場人物たちがどうも一本調子で薄っぺらく(特に灰島弁護士)見ていて、半ばいらだってきました。また、最後のラストのあっけなさにもぽかーん。がっかり。これぞ拍子抜け。これはしらけます。

柳場さんの演技はあまり見た事がありませんでしたが、まぁまぁ健闘していたと思います。ただ、この手の俳優は演技の幅としては極端に狭く、全く正反対の役柄をナチュラルに演じることは出来ないのでしょう。室井管理官がもともとそういった役だからかもしれませんが、表情が淋しく、台詞も少なかったのでなかなか演じ手である柳場さんから室井の心情が伝わってこず、あまり感情移入が出来ませんでした。柳場さんに協力する警察官役で哀川翔さんが出演されていて、お二人の共演を嬉しく思いました。ただ、どことなくぎこちなく、哀川さんの台詞も大変聞き取りづらくて、満足という結果には至りませんでした。女弁護士を演じた田中さんはちょっと空回り。残念ながら完全に役そのものを手に出来ておらず、室井とも融和出来ていませんでした。八嶋は完全に舞台のノリ。ああいうオーバーな演技を映画で披露されても、私としましては非常に目障りなだけ。オーバーに動く事でしか、自分の存在をアピール出来ない役者は、見ていても面白みが無く、大変つまらないですね。
なかなか、全てが上手い具合に融合されておらずに、どっかとっちらかった感は拭えませんが、演出は大変無難でしたので、飽きずに2時間鑑賞する事が出来ました。また次のスピンオフも公開されたら見ようかと思います。もう出来ないですかね???

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年03月31日 [01:36] [映画レビュー]日本映画 

TRICK 劇場版

「TRICK 劇場版」  5点満点中 

監督:堤幸彦
出演:仲間由紀恵/阿部寛/生瀬勝久/野際陽子/山下真司/芳本美代子/根岸季衣/竹中直人/ベンガル/石橋蓮司


■PLOT■
自称売れっ子マジシャン山田(仲間由紀恵)は、「糸節村」の青年団長(山下真司)と副青年団長(芳本美代子)から村に来て神を演じて欲しいと依頼される。なんでも、村では300年に一度大きな災いが起こると言い伝えられており、今年はその災いの年に当たるので村人たちは恐怖に怯えているという。しかし、山田が村を訪れると既に村には自称神を名乗る男が3人もいた!何でも実体化する男(竹中直人)、足の裏に目を持つ男(ベンガル)、確立を支配する男(石橋蓮司)。そんな中、物理学者であり山田の良き友!?である大学教授である上田(阿部寛) は村に超常現象の取材のためやってくる。そして、山田と神を名乗る男たちは次々と対決していく事に…


■COMMENT■
むむむ…先日、名取裕子が出演していた「TRICK スペシャル」を拝見し、これは面白いぞと感心し、早速劇場版を拝見した。いやいや、恐れ入りました。話の展開が少々強引ではなかろうかと思われる節が何点か存在するし、実はツッコミどころ満載な脚本なのであるが、キャラクターが存分に面白く、またまた台詞も絶妙である。山田と上田の名コンビが漫才のようなコネタを繰り広げながらも、次々と自称神たちが繰り広げるトリックを見破っていく。痛快だ!これが面白いのだ。

出演者たちも皆さん芸達者の方々で、仲間さんや阿部さんはもちろんの事、生瀬さんや竹中さん、ベンガルさん、石橋さん、そして何といっても野際さんが素晴らしい!だって彼女、ラストに飄々と登場しておいしいところを全部持っていくので!

「あいたい いまから しすらな てはい」は、いやいやこのために本作を見ていたのです!ほんわか心が温まりましたよ!

Comment:1 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年03月25日 [05:25] [映画レビュー]日本映画 

g@me

「g@me」  5点満点中 

監督:井坂聡
出演:藤木直人/仲間由紀恵/石橋凌/宇崎竜童/IZAM



■PLOT■
直木賞作家東野圭吾の原作を元にしたサスペンス。広告代理店のエリート、佐久間は新商品のビールの企画に一切の情熱を傾けていた。しかし、スポンサー会社の葛城により企画を打ち切りとなってしまう。屈辱を味わった佐久間は葛城の家の前を彷徨っていると突然、家の中から葛城の娘が塀を乗り越えて家出する現場と出くわす。そして、娘から「私を誘拐しない?」と持ちかけられる佐久間。かくして、二人の狂言誘拐計画が始まるのであった。


■COMMENT■
これだから最近の日本映画はつまらないのです。
全ての日本映画がつまらないと言っているわけではありませんが、こういった作品が日本で跋扈しているからこそ、日本映画がどんどんダメになっていくのです。最近は俄然、韓国映画の方が面白く感じます。

まず、全てのキャストがミスキャストではなかろうかと感じました。主演の藤木さんは素人じゃないんだから、ちょっとスリリングな展開のシーンでは、もっとびっくりした顔とかしなさいよ!家でのほほーんとしているシーンと顔が変わっていないじゃないか!屈辱を味わって彷徨っているシーンなんか、顔をうつむかせているだけじゃだめです!先人たちが素晴らしい名演技を残されているわけですから、それを見て勉強しろーぃ!(田宮二郎さんはこういう演技が得意だったハズ)石橋さんは余り拝見した事がありませんでしたが、どうもVシネマのイメージが私の中でこびりついていて、イメージ払拭出来ず。石橋さんは、重役の役には適さない、はい。仲間さんも大変フレッシュな感じがして良かったのですが、あんな奴普通いないからなぁ。どう考えてもおかしい…もっともっとマジメにキャスティングしてくれ!演技力のある役者を使ってくれ!かつての新劇メンバーなんか最高だったのに!どうして日本の演技レベルはここまで下がってしまったのだろう…なんか本作は生きていないんですよ、全てが。まぁ見れば分かります。

本作は、前半から中盤にかけては、物語の流れがけだるく進みますが、後半から一気に加速しラストに畳み掛けるといった感じでしょうか。プロットはなかなか面白かったと思いますが、演じる人や演出する人がダメなので、失望。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年03月14日 [00:13] [映画レビュー]日本映画 

みんなのいえ

「みんなのいえ」  5点満点中 

監督と脚本:三谷幸喜
出演:田中直樹/八木亜希子/唐沢寿明/田中邦衛/野際陽子/吉村実子/清水ミチ子/山寺宏一/中井貴一/江幡高志/白井晃/布施明/明石家さんま/近藤芳正


■PLOT■
TVの脚本家である直介と民子の夫妻は郊外に新しく新居を建てるための土地を買う。家の設計を新進気鋭の家の内装専門のインテリアデザイナーであり民子の後輩の柳沢に頼む事にする。しかし、柳沢は建築士の免許を持っていないため、設計自体は柳沢がやり、建築の申請は民子の父であり昔かたぎの棟梁である長一郎が行う事となる。しかし、柳沢は設計のど素人。しかも、アメリカ風の家の設計を試みるが、長一郎は昔ながらの頑丈な家を頑なに薦めてくる。そして、いつしかこの二人の間にバトルが始まっていくのであった…!



■COMMENT■
三谷幸喜脚本・監督作第二弾。単純に肩の力を抜いて見れる作品である。ただ前作『ラヂオの時間』と比べるとどうしても脚本の面白みに欠けている。脚本上にメリハリがついていないので、出演者たちは健闘しているんだけれども、どうしてもパンチが利いていない。リズム・抑揚もないので二時間の作品にも関わらず大変長く感じる。リズムが無いと
いうか、三谷さんはエピソード毎に諺みたいのを画面に挿入しているので、これが完全に物語の流れを遮っているんです。もっと抑揚をつけて、いらない部分をはしょればそれなりの作品になったハズ。

本作は田中さんと八木さん扮する夫婦が自分達の家を建てる物語であり、その家を建てる最中に様々な出来ごとが起きるのだが、一つ一つのエピソードが面白みに欠ける。こう思い出して見ると特に笑ったシーンは思い出せない。正直赤の他人の家が無事に完成するかなんて興味が無い。その過程でのお笑いポイントを見て、私たち観客は楽しみたいのにそれが無いとなると壊滅的だ。

三谷さんの脚本のわりには今回伏線もあまり張り巡らされていなく、パパッと脚本を書いたのかなぁなんて思ってしまった。こんなに酷評しつつ、『ラヂオの時間』と『THE 有頂天ホテル』は傑作ですので、まだ三谷さんの映画をご覧になってない方はそちらからご覧下さい。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
    当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



    当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
    にほんブログ村 映画ブログへ

    50音順映画レビューは↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。