スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年03月23日 [00:47] [映画レビュー]韓国映画 

あぶない奴ら ~Two Guys~

「あぶない奴ら ~Two Guys~」  5点満点中 ★★★★☆
監督・脚本:パク・ホンス
出演:チャ・テヒョン
    パク・チョンフン
    ハン・ウンジョン
    チョン・フンチェ
    ソン・ヒョンジュ





■PLOT■
借金の取り立て屋にして前科4犯のパク・ジュンテ(パク・チョンフン)は、仕事の斡旋人ヨンシクから、「こいつを探してきたら分け前を3分の1やる」と、儲け話を持ちかけられる。こいつとは、カード地獄に襲われているキム・フン(チャ・テヒョン)。一応、代行運転手という仕事をしているものの、借金を返せないでいた。ジュンテは,14時間以内に借金を返せなければ,お金の代わりにフンの腎臓を持っていくとフンを脅迫する。ジュンテは,あげくの果てにフンの仕事場まで追いかけてきて,酔っ払った外国人の代理運転に同行するようになるが,目的地に到着してみて車を間違えたことに気づく。車の中にあったカバンを探せと火のように怒る外国人をやっと落ち着かせた二人は,口論の末にジュンテが残ってフンがカバンをさがしに行くことに合意する。一方,カバンを探す間,人質になったジュンテは,正体不明の人物により目の前で外国人が殺される場面を目撃する!

■COMMENT■
さすがさすが。韓国コメディはここまでのレベルのものを制作していたとは!最高にテンポが良く、鑑賞後爽快の気分を味わえる傑作コメディでした!

はじめは敵同士であったフンとジュンテが、別の組織や警察に追われる事によって、次第に友情を深めていき、最後にはまるで切っても切れないような、最高にユーモラスなお馬鹿にもサングラスで決めちゃうお馬鹿で愛らしい名コンビへと成長します。

前半は多少展開がだるいなぁーと思われる節も多少ありましたが、フンとジュンテの二人が健康ランドで、敵を蹴散らす辺りから一気に物語りは加速し、面白くなってくる。こりゃもう爆笑必死です。笑い転げます。様々な映画へのパロディも感じられました。また、チャ・テヒョンとパク・チョンフンの相性がまたいいこと!この二人の掛け合いが大変楽しいのですが、なんとほとんどがアドリブだったようです。どうりで、自然体で演じている感がまったくなく、見ていて気持ち良いはずだと思いました。

チャ・テヒョンは日本でブレイクした最初の韓流映画「猟奇的な彼女」の主演男優として日本でも広く知られるようになり、なんだが表情もすごい生き生きしていて、日本人として大変馴染みやすい俳優ですね!ますますファンになりました!

ただ、この「あぶない奴ら」という邦題はどっかの刑事ドラマみたいでなんかダサいな。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
    当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



    当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
    にほんブログ村 映画ブログへ

    50音順映画レビューは↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。