スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年04月05日 [00:13] [映画レビュー]2005~ 

Mrs. Henderson Presents

「Mrs. Henderson Presents」  5点満点中 

監督:スティーブン・フリアーズ
出演:ジュディ・デンチ/ボブ・ホスキンス/クリストファー・ゲスト/ウィル・ヤング/ケリー・ライリー

■AWARDS■
★アカデミー賞★
主演女優賞 ジュディ・デンチ ノミネート
衣装デザイン賞 ノミネート

★イギリス・アカデミー賞★
主演女優賞 ジュディ・デンチ ノミネート
脚本賞/作曲賞/衣装デザイン賞 ノミネート

★ブロードキャスト映画批評家賞★
主演女優賞 ジュディ・デンチ ノミネート

★ゴールデン・グローブ賞★
主演女優賞 コメディ/ミュージカル部門 ジュディ・デンチ ノミネート
助演男優賞 ボブ・ホスキンス ノミネート

★ナショナル・ボード・オブ・レビュー★
ベスト・アンサンブル・キャスト賞 受賞

★全米俳優組合賞★
主演女優賞 ジュディ・デンチ ノミネート

■PLOT■
戦時下のイギリス。70歳のローラ・ヘンダーソン(ジュディ・デンチ)は、夫を亡くしたばかり。しかし、亡き夫のために涙を流すような女性ではない。同じ未亡人の友人からのアドバイスを受けて、第2の人生をスタートさせる事を決める。そこでローラはふと目に付いた劇場を買い取り、華々しいミュージカルを上演する事を思いつく。そこでローラは弁護士に相談したところビビアン・バンダム(ボブ・ホスキンス)という、敏腕の劇場経営者を紹介され、彼に劇場経営を任せる事に。最初のミュージカルは当たったが、すぐに他の劇場に真似されて、客足は衰えていく。そこで、ローラは女性たちが裸になるミュージカルを上演する事を思いつく。そんな突拍子な彼女の内側には、皆に秘密にしている事があった…

■COMMENT■
とってもチャーミングな映画でした!
激動の時代、第2次世界大戦下のイギリスの話である。未亡人になったお金持ちのローラ・ヘンダーソンが劇場を買い取り、その劇場でヌードミュージカルを上演する話である。しかし、ヘンダーソン夫人には秘密があり、ヌードのミュージカルを上演し続けるのも理由があるのである。イギリスは結果として戦勝国となったが、戦勝国にも敗戦国も戦争に参加した国・国民にはそれぞれ抱える思いがあるには変わりはない。私は敗戦国の日本で生まれ育ち、それなりに先人たちの苦労であるとか激動の大戦時代を知っているつもりではあるが、戦勝国であるイギリスの国民の感情も本作を通して深く私に伝わってきました。本作はコメディ/ミュージカルであり、ジュディ・デンチを始めとしボブ・ホスキンスの演技もコメディタイプで見ていて楽しいのだが、その根底にはドラマの要素が大きく存在し、深い感動を観客に与えてくれる。

ジュディ・デンチの演技は見ていて楽しく、喜怒哀楽を的確に表現していました。ちょっと口は悪くて皮肉屋だけど、死んだ息子の事を今でも考えている女性・ローラ・ヘンダーソンは彼女しか演ずる事が出来ないと思うほどの出来でした。ボブ・ホスキンスも多少単調ではあったが、大変存在感があって、力強い演技でした。スティーブン・フリアーズの演出も軽快でテンポ良く、ミュージカルの華やかさと戦争の残酷さとを絶妙に織り交ぜて、感動作に仕上げている。

日本では本年中に公開される予定です。

『We never closed』が、『We never clothed』とひっかけてあるんでしょうね。笑ってしまいました。
スポンサーサイト

Re Comments.

先のオスカーの受賞・ノミネート作品の中で、なぜか扱いが悪いように感じるこの映画、日本の公開はいつごろになるんでしょうね。
いい意味でイギリスの品の無さが出ていた作品で、楽しめました。
2006/06/16(Fri) 23:24:07 | URL | kozonoさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
    当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



    当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
    にほんブログ村 映画ブログへ

    50音順映画レビューは↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。