スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年04月10日 [02:11] [映画レビュー]韓国映画 

美しき野獣 Running Wild

「美しき野獣」  5点満点中 

監督:キム・ソンス
出演:クォン・サンウ/ユ・ジテ/オム・ジウォン/ソン・ビョンホ/キム・ユンソク/カン・ソンジン/イ・ジュンムン/イ・ハンウィ

■PLOT■
ソウルの地方警察の凶悪犯罪捜査班のチョン・ドヨン(クォン・サンウ)は、正義感溢れる男であり、一匹狼的なところがある刑事であった。容疑者を捕らえるときには手段を選ばず、暴力を振るったりと乱暴なところが問題に上がっていた。そんなある日、自らの手で逮捕し、出所したばかりの、ヤクザの組の下っ端として働いていた弟のドンジク(イ・ジュンムン)が、ドガン組の幹部に殺害される。ドヨンは弟の復讐を誓う。その一方で、エリート検事のオ・ジヌ(ユ・ジテ)は、ドガン組の一掃を目論んでいた。そんなドヨンとジヌが出会い、二人はパートナーとなりドガン組のドン、ユ・カンジン(ソン・ビョンホ)逮捕のため、協力して捜査を進めていく…

■COMMENT■
最近、僕は韓国が大好きだ。韓国映画ばっか見ている。韓国語も勉強し始めて早半年。映画の中に出てくる韓国語の看板や映画のテロップなど、「あーこれクォン・サンウって書いてある!」であるとか「これはXX屋だ」なんて分かるようになってきた。韓国映画は一定のクオリティを保持しており、現代の日本映画と比較すると確実に韓国映画の方がレベルが高いのではないかと思っている。しかし、僕は本作を公開の大分前から楽しみにしていましたので、落胆した、というのが正直なところである。こう書くと、まるで駄作みたいな言い方をしてしまいましたが、本作も一定のクオリティを保持しており、全体を通して力がある作品に仕上がっています。ただ、サンウ氏がどうして本作をチョイスしたのか、ちょっと分からなかったです。

クォン・サンウ演じるドヨン刑事=美しき野獣なんてとんでもない。ドヨンは自分が刑事だと分かっていないただの大ばか者です。被疑者にとび蹴りをかまし、ひたすら殴り続けるドヨン。やくざ達と幾度と無く戦闘を繰り返すドヨン刑事。その戦闘のたびに彼は血まみれになるものの命は取り留める・・・そんな馬鹿な!あまりにも本作にはリアリティに欠けているので、なんとも物語り自体に言及出来かねる。ドヨン刑事の役柄造形には大きな欠陥があり、物語自体を陳腐なものへと変貌させてしまっている。しかし、こんなドヨン刑事でも私と同じ劇場にいらっしゃったおば様たちのハートを刺激した模様で、ラストシーンでは場内からすすり泣きが聞こえてきました。そしたら、ついうっかり私もちょっとだけ心を揺さぶられてしまいました。

先ほども言及したように、ドヨン刑事のキャラクターには疑問点が幾つも存在しますが、物語り全体としては非常に良く練り直された後が見受けられますし、監督の演出による物語のスピード感は爽快な部分がありました。また、ユ・ジテ演じるジヌ検事・ドヨン刑事の背負う運命、男同士の友情、演出も手堅く感動しました。もうちょっとリアリスティックに現実を鋭く抉り取って頂いたら、もっともっと面白かったと個人的には思います。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
    当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



    当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
    にほんブログ村 映画ブログへ

    50音順映画レビューは↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。