スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年02月07日 [22:24] [映画レビュー]中国映画 

単騎、千里を走る。

「単騎、千里を走る。」  5点満点中 ★★★★

監督:チャン・イーモウ
出演:高倉健/寺島しのぶ/中井貴一/リー・ジャーミン/チュー・リン

■PLOT■
漁村に暮らす高田のもとに、息子の嫁から息子・健一が原因不明の病により、入院しているとの知らせを受ける。しかし、父と息子の間は確執により10年も会っていなかった。東京の健一のもとへ見舞いに行くが、面会を頑なとして拒否する健一。嫁は、健一が中国の仮面演劇に熱心だった事を知らされ、高田は単身、病に伏せている息子の変わりに中国へ渡り、息子の夢だと思われた演劇・「単騎、千里を走る」を撮影し、息子に見せようと決心する。

■COMMENT■
さすがチャン・イーモウ!!
見せてくれます!!

壮大な中国の景色、まるでスクリーンに収まらずに、観客の眼下へと迫り来る美しい情景。

そして、今や中国でなく世界の名監督の仲間入りを果たしているチャン・イーモウの隅々まで光る演出の上手さ。唸らせてくれました。

単身、中国へと渡り孤独とまるで言葉が分からない国で、自分の思うように事を進める事が出来ない自分への不甲斐なさを上手く演じた高倉健。

きっと脚本にもう一ひねりあったらもうちょっとインパクトが出てもっともっと良作になったかも。まぁ、これはこれで、出来は大変素晴らしいです。

日本語がおぼつかないガイド役のチュー・リンをはじめとし、リー・ジャーミン、ヤン・ジェンボーなどの中国人の演技が初めての方々も大変健闘されていました。

スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
    当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



    当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
    にほんブログ村 映画ブログへ

    50音順映画レビューは↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。