スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年04月22日 [00:04] [映画レビュー]2005~ 

歓びを歌にのせて As It Is in Heaven

「歓びを歌にのせて」  5点満点中

監督・脚本:ケイ・ポラック
出演:ミカエル・ニュクビスト/フリーダ・ハルグレン/ヘレン・ヒョホルム/レナート・ヤーケル/ニコラス・ファルク/インゲラ・オールソン

■AWARDS■
★アカデミー賞★
外国語映画賞 ノミネート




■PLOT■
世界的な名声を得ている指揮者のダニエル・ダレウス(ミカエル・ニュクビスト)は、極度のプレッシャーと8年先まで隙間無く埋まっている過密スケジュールのために、精神・肉体共に限界へと達していた。ある時、舞台で倒れたダニエルは、心臓発作により倒れてしまう。スケジュールが空白になった彼は、音楽にはもう関わらず、そして人知れず暮らすために幼い頃過ごした小さな村を訪れる。しかし、彼の名声はこの小さな村にも届いており、ダニエルは村の聖歌隊の指導を頼まれる。ダニエルは断りきれず、しぶしぶ聖歌隊の練習が行われている教会を訪れる。そこでは、歌うことに喜びを感じている様々な人々がいた。聖歌隊の指揮者を引き受けるダニエル。彼らと触れ合ううちに、自らも音楽と触れ合う事に楽しみを感じ、幼き頃からの夢であった「人の心を開かせる音楽を作る」事に生きがいを感じるようになる。しかし、自由奔放なダニエルの姿は閉鎖的な村の男たちにとっては、至極不愉快に映り、ダニエルは非難の的となる。

■COMMENT■
『歓びを歌にのせて』は、私の人生観を変える素晴らしい映画でした。音楽を通して私達観客の心を開花し、生きる喜びは何かと教えてくれました。本作には確固たる魂があり、人々が「生きる」姿がある。スウェーデンで記録的な興行収入をあげて、本作の主題歌でもある「ガブリエラの歌」が何ヶ月もスウェーデンの音楽チャートでトップ10入りを果たし、アカデミー賞の外国語映画部門にもノミネートされた秀作です。

本作の冒頭は、幼い頃のダニエルが眩いばかりの黄金のライ麦畑の中で、バイオリンを弾いているシーンから始まる。画面からこぼれんばかりの圧倒的に美しいライ麦の中で、バイオリンを弾くダニエルは同級生の3人組に苛められる。なぐられ、蹴られ、息子思いである母はダニエルのために別の土地へ引っ越すのであった。母を交通事故で亡くし、狂わんばかりの猛練習で世界的な名指揮者へと成長する。しかし、心臓発作で倒れた彼は、幼い頃のこの忌まわしき思い出の地に戻ってくるのである。廃校を購入し、そこで一人暮らすダニエル。印象的なシーンは、彼は廃校からウサギが地面に積もった雪を掘っている姿を見て、カメラにおさめます。見事にウサギを写真に撮る事が出来た彼は、嬉しくなってガッツポーズで叫びます。ちょっとした幸せを感じたダニエルでしたが、そのすぐ後に何やら怪しい牧師がやって来て、そして先ほどのウサギを殺したダニエルを苛めていた同級生がやってきます。ここが本作の潔いところなのですが、本作は人生の綺麗なところだけを見せるのではなく、例えばこのシーンに見られるように田舎の閉鎖的な部分、人々が背負っている重荷など、負の部分をもあわせて見つめています。そして、その負の部分と正面から向き合う事によって、説得力を増して生きる喜びを語っています。そう、人間が生きる上ではきれい事だけではもちろん済まされずに、様々な問題が生じてくるのです。しかし、それらの問題と正面から乗り越える事によって、生きている事を実感出来るのだ感じました。そう、逃げてはダメなんだと。ダニエルが心臓発作の後に、自らの命の危険性を感じながら、何故故郷に戻ってきたのか…ダニエルは故郷へと向かう車の中で理由が不明だと語っていましたが、私には分かる気がします。幼い頃の苛められた記憶が、きっとダニエルの中で未消化になっていたのでしょう。そして、ラスト近くでダニエルが聖歌隊のメンバーの前で、苛められ、この村から去った過去を語るシーンがありますが、その時に初めてダニエルは暗い過去から解放されたのかもしれません。そう、ダニエルも真正面から自分自身を見つめなおして、自らの問題を自分の力で克服したのです。ダニエルだけなく、聖歌隊のメンバーはいずれも問題を抱えています。商売人のアールは何でも強引で口が悪く自己中心的な性格。リナはかつての男性問題の事で村人から快く思われておらず、ガブリエラは夫に暴力を振るわれており、牧師の妻は教会、そして夫に疑問を持っている。様々な問題が語られる。そのどれもが、今までの音楽映画とは異なる性質を持っており、本作は音楽映画というよりも人間を見つめたドラマである。事実、音楽のシーンは余り登場しません。

ダニエルを演じたミカエル・ニュクビストは大健闘。本作で初めてミカエルさんを見ましたが、役者ですねー。始めて見たからというのもあるかと思いますが、ミカエルさんがダニエルという指揮者にしか見えませんでした。指揮をするシーンは冒頭にしかありませんでしたが、圧倒的な威厳を見せ付けて、少しずつ変わっていくダニエル。見事でした。また、本作を監督したケイ・ポラック監督にも最大級の賛辞を贈りたいと思います。本作で18年ぶりに監督に復帰したそうですが、物語の卓越した構成力と人間ドラマの見せ方に感心しました。本作には特に一気に盛り上がるシーンは無いのですが、力強い骨太のドラマを見ることが出来ました。

私の人生に大きく影響するであろう、大切な1本です。
スポンサーサイト

Re Comments.

『承認待ちコメント』 
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/11(Mon) 17:26:31 | | さん #[ Edit.]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/04/02(Tue) 18:28:33 | | さん #[ Edit.]
『承認待ちコメント』 
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/05/30(Thu) 09:59:06 | | さん #[ Edit.]
『承認待ちコメント』 
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/17(Thu) 01:26:38 | | さん #[ Edit.]
『承認待ちコメント』 
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/24(Thu) 12:28:05 | | さん #[ Edit.]
『承認待ちコメント』 
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/31(Thu) 03:20:01 | | さん #[ Edit.]
『承認待ちコメント』 
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/13(Wed) 02:46:40 | | さん #[ Edit.]
『承認待ちコメント』 
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/18(Mon) 00:24:39 | | さん #[ Edit.]
『承認待ちコメント』 
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/18(Mon) 04:40:17 | | さん #[ Edit.]
『承認待ちコメント』 
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/03(Wed) 05:40:35 | | さん #[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
    当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



    当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
    にほんブログ村 映画ブログへ

    50音順映画レビューは↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。