スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年02月09日 [02:29] [映画レビュー]韓国映画 

親切なクムジャさん

「親切なクムジャさん」  5点満点中 ★★★★★

監督:パク・チャヌク
出演:イ・ヨンエ/チェ・ミンシク/クォン・イェヨン/ソン・ガンホ/ユ・ジテ/カン・ヘジョン/シン・ハギュン



■PLOT■
イ・クムジャ(イ・ヨンエ)は子供たちの連続誘拐殺人事件の犯人として13年刑務所に入っていた。実は真犯人はクムジャの娘の父親である英語教師ペク(チェ・ミンシク)であり、クムジャはペクに脅迫され自ら犯人として刑務所に入っていた。クムジャは服役中、誰に対しても優しく親切に、常に微笑を絶やさなかったことから「親切なクムジャさん」と呼ばれた。自分を陥れたペクに復讐するため、先に出所した仲間のもとを訪ねて協力を得る。そして、とうとうペクに復讐する日がやって来る。



■COMMENT■
「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続くパク・チャヌク監督の「復讐三部作」を締めくくる作品である。全に策と比較すると圧倒的に暴力描写が減っているが、別の観点から本作は最も恐ろしい「人間」を描いていると言えるだろう。まず以外なのが、「チャングムの誓い」などの清純派女優として知られるイ・ヨンエがチェ・ミンシクに復讐心を燃やす女性を演じるという点である。三部作の中では最も恐ろしい復讐計画を綿密に刑務所の中で練り上げ、かつての刑務所仲間の協力を得て、遺族たちに誘拐殺人犯であるペク先生を殺害させるのだ。なんとも恐ろしい。ここでクムジャの設定で1点非常に面白いのが、「親切」と呼ばれる側面を持ち合わせるクムジャと「復讐」に燃えるクムジャの対比である。刑務所にいる最中は「親切」であり、出所しアイシャドウをしているクムジャは「復讐」に燃えているのである。

本作には印象深いシーンが幾つも点在する。まず筆頭に上げたいのは、誘拐事件の遺族たちがペク先生を殺害するシーン。一番最後にペク先生に止めを刺すのがウォンモ君のおばあちゃんなのだが、おばあちゃんが使用した凶器に注目したい。ハサミである。ただのハサミではない。ペク先生に刺さったハサミのアップが映るシーンがるのだが、そのハサミに何と「1-3」とシールが張ってあるのである。これはつまり、ウォンモ君のおばあちゃんが1年3組にいたウォンモ君のはさみを凶器に使用したと考えられる。なんとも細部までにこだわった演出であろう。観客は、それまで遺族たちがペク先生を順番にじわじわとダメージを与え殺害するまでの流れを見せられており、ペク先生と誘拐事件の遺族たちとの立場がまるで逆になり、殺人犯のペク先生が殺される事により彼が被害者であるように見せられている。しかし、そのハサミを一瞬だけ画面に映す事により、遺族たちはペク先生に対して加害者であるが、同時に被害者である事を強調しているのだ。そう、観客は「ハサミ」が写る事によりハッと気づく。遺族たちは加害者ではなく被害者であると。私は「ハサミ」が映った時になんとも胸が痛くなった。

次に何とも言えないのが、ペク先生を殺害し、地面に埋めた後に、クムジャを見つめるアップが映る。なんとも言えない表情なのだ。決して笑ってはおらず、泣いてもおらず、喜んでいるのか、悲しんでいるのか、「喜怒哀楽」のどの部分に当たる表情なのか、全く分からない。クムジャを演ずるイ・ヨンエの卓越した演技には感服した。なんだか、このアップを見たら深い深い海へすーっと沈んでいくような、救われたのか新たに罪を背負ってしまったのか、良く分からなくなってしまった。クムジャという人物をここまで生身で、熱く演じることの出来る女優はイ・ヨンエをおいて他にはいないであろう。アカデミー賞主演女優賞に十分値する演技であった。演技に関して言えば、チェ・ミンシクも恐ろしい程の存在感を披露しており、まるで悪魔・空を覆う雨雲のような演技をしていた。得意の英語も披露しており、チェ・ミンシクの演技の幅を感じた。

パク・チャヌクの演出も秀逸であった。細部まで練り上げて作られたのが画面の端々から感じ取れたし、チャヌク監督のセンスの良さも感じた。チャヌク監督作品を見ると常々、俳優の演技を掘り下げるのが上手い方だと感じていたが、本作ではそれが如実に現れている。イ・ヨンエをここまで従来のイメージから変貌させたチャヌク監督は凄すぎます。

音楽・脚本・撮影・編集、すべて私の中では大満足でした。
好き嫌いが分かれるとは思いますが、是非ご鑑賞頂きたい作品の一つです。(ただ、心臓が弱い方は見ない方がいいかな・・・)

スポンサーサイト

Re Comments.

『承認待ちコメント』 
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/11/19(Wed) 12:20:42 | | さん #[ Edit.]
『承認待ちコメント』 
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/01/04(Sun) 01:39:54 | | さん #[ Edit.]
『承認待ちコメント』 
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/01/04(Sun) 09:08:42 | | さん #[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
    当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



    当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
    にほんブログ村 映画ブログへ

    50音順映画レビューは↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。