スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年02月13日 [23:14] [映画レビュー]1970~1979年 

ナイル殺人事件 Death on the Nile

「ナイル殺人事件」  5点満点中 

監督:ジョン・ギラーミン
脚本:アンソニー・シェイファー
音楽:ニノ・ロータ
出演:ピーター・ユスティノフ/ジェーン・バーキン/ベティ・デイビス/マギー・スミス/ミア・ファロー/サイモン・マッコーキンデイル/ジョージ・ケネディ/アンジェラ・ランズベリー/ジャック・ウォーデン/デイビッド・ニーブン/ジョン・フィンチ/サム・ワナメイカー/ロイズ・チャイルズ

■AWARDS■
★アカデミー賞★
衣装デザイン賞 受賞

★ナショナル・ボード・オブ・レビュー★
助演女優賞 アンジェラ・ランズベリー 受賞

★ゴールデン・グローブ賞★
外国語映画賞 ノミネート

★イギリス・アカデミー賞★
衣装デザイン賞 受賞

主演男優賞 ピーター・ユスティノフ ノミネート
助演女優賞 アンジェラ・ランズベリー ノミネート
助演女優賞 マギー・スミス ノミネート

■PLOT■
推理小説の女王アガサ・クリスティの原作をもとに、完全映画化。
莫大な遺産を相続したリネット(ロイス・チャイルズ)は、友人のジャクリーン(ミア・ファロー)の婚約者であるサイモン(サイモン・マッコーキンデイル)を奪い、結婚する。二人の新婚旅行先はエジプト。しかし、エジプトまでサイモンに捨てられたジャクリーンが姿を見せ、二人の前に現れては嫌がらせをする。偶然にもこの現状を知ったポアロ(ピーター・ユスティノフ)は、友人のレース(デイビッド・ニーブン)になんとか円満に解決できないかと相談する。そんな中、ナイルクルーズ「カルナック号」に乗車するリネット&サイモン、ポアロたち一行。そのカルナック号にも現れるジャクリーン。そして不可解な事にこの船の乗客は皆リネットに恨みを抱いている者ばかり。ポアロは一抹の不安を抱いたが…リネットが寝室で死体となって発見される。しかしこれは、ナイル川船上連続殺人事件の序章に過ぎなかった。

■AWARDS■
大満足です!!!!!

イギリスのEMI社が製作した「オリエント急行殺人事件」に続くクリスティ作品映画化の第2弾。映画史上オールスターキャストの点では滅多にひけをとらない作品でしょう。監督は「キングコング」のジョン・ギラーミン。音楽は「ゴッドファーザー」のニノ・ロータ。脚本は「アマデウス」「エクウス」のピーター・シェイファーと双子の兄弟である究極の名作「探偵スルース」を書いたアンソニー・シェイファー。またキャストの方々もアカデミー賞受賞・ノミネート経験のある方々ばかり。そして、エジプトの壮大な景色を背に、演技のコラボレーションが繰り広げられる。この映画で初めてマギー・スミスを見て、それ以来彼女の大ファンになりました。

原作では大変な長編作品であるが、その原作を140分用の映画に巧みに脚色したシェイファーにまず驚嘆した。作品自体はクリスティー自身も気に入っている作品なので、面白い。また、ギラーミン監督による演出も140分ある上映時間中、ずっと引き付けておくだけの力があり、140分間あっという間でした。

「オリエント急行殺人事件」のポアロ役アルバート・フィニーも良かったが、今回のピーター・ユスティノフも負けていない。本作のポアロ役も一番最初はフィニーにオファーがいったが、エジプトの猛暑の中での撮影が嫌だといって、オファーを蹴った。なので、ユスティノフのポアロも見る事が出来て幸せ。なんかユスティノフのポアロは原作のポアロらしくないといえばそれまでなのだが、ポアロのキャラクター像に新たな息吹を吹き込んでくれて良かった。僕はユスティノフ=ポアロが一番好き。

この事件の謎解きやクライマックスシーンに至るまで、またエジプトの遺跡やピラミッド、ナイル川などなど映画ならではの楽しさがあり、視覚の面でも大変楽しませてくれました。

未見の方に自信を持ってお勧めできる作品です。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
    当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



    当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
    にほんブログ村 映画ブログへ

    50音順映画レビューは↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。