スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年02月17日 [00:45] [映画レビュー]韓国映画 

サマリア

「サマリア」  5点満点中 ★★★★☆

監督:キム・キドク
出演:クァク・チミン/ソ・ミンジョン/イ・オル/クォン・ヒョンミン

■PLOT■
女子高生のヨジンは母を亡くし、刑事をしている父・ヨンギと二人で暮らしている。そんなヨジンには父に言えない秘密があった。友人のチェオンとヨーロッパ旅行に行くために、チャットで知り合った男たちと援助交際をしていた。実際に援助交際をするのはチェオンであり、ヨジンは事が行われている間、警察が部屋に踏み込まないかどうか監視する役であった。そんなヨジンは援助交際という不純な行為に嫌悪感を抱きつつも、チェオンの説得に応じて、続けるのであった。ある日、この二人の少女を不幸が襲う。チェオンが援助交際を行っている間、警察が部屋に侵入。チェオンは窓から飛び降り、死んでしまう。チェオンの自殺を目の前で見ていたヨジンはある行動へと動き出す。

■COMMENT■
僕は結構いけました。
本作に対する否定的意見も多いようですが、なんでしょう。キドク監督のマジックにはまってしまいました。そう、言葉を必要としない作品ですね。

本作を通してみると、登場人物になかなか共感できない点も多いし、映画としての展開の面白みを最優先に考えて、完成された脚本との印象を受ける。要は薄いんです、人物が。少女たちの行動も全然理解出来ないし、父親の行動にも疑問点がある。登場人物の行動の理由が判然としないので、作品としてはバラバラになってしまった印象も否めないが、そこはキドクパワーで、カバーです。

この作品の撮影、僕好みでした。色使いも。

まぁ、雰囲気が好きだったので、雰囲気でこの評価です。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
    当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



    当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
    にほんブログ村 映画ブログへ

    50音順映画レビューは↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。