スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年02月24日 [02:58] [映画レビュー]韓国映画 

オールド・ボーイ Oldboy

「オールド・ボーイ」  5点満点中 ★★★★☆

監督:パク・チャヌク
出演:チェ・ミンシク/カン・ヘジョン/ユ・ジテ

■AWARDS■
・カンヌ国際映画祭
パルムドール ノミネート
審査員特別賞 受賞
・放送映画批評家協会賞
外国語映画賞 ノミネート

■PLOT■
チャヌク監督の復讐三部作シリーズ第二弾。妻と娘と共に平和な日々を暮らすサラリーマン、オ・デス(チェ・ミンシク)は、ある日突然、何者かによって誘拐・監禁される。理由も分からないまま15年も監禁されたデス。彼が解放された頃には世界も何もかも変わっていた。デスは、自分を15年も監禁した何者かを探し出し、復讐を決意する。

■COMMENT■
韓国映画の底力を見た気がしました。
劇場公開当時は、本作は観客動員の面では成功とはいかなかったように記憶していますが、作品の出来としては、凄まじい爆弾のような破壊力を持ち合わせ・更に深い深い海へと落ちていくような作品に仕上がっています。

本作で初めてパク・チャヌク監督の手腕を見たが、いやぁ素晴らしい。
なんと鮮やかな演出なんでしょう!なんというか上手く言葉に出来ないが、本作はまるでミルフィーユみたいに何層にも構成されていて、各層から旨味が出てくる。下に行くほど、なんか強い。よく分からないけど、こんな感じ。

しかし、見るには気合を入れないとダメだなぁというのも感じました。本作が孕んでいるテーマが実に重いです。しかし、さすがはチャヌク監督、各所にコメディ場面を挿入し、ワンテンポにならないよう細やかな心遣い。

思わず目をつぶってしまうシーンも何度かありました。歯を引き抜いたり、舌を切ったり。まぁ、全部作り物ですから、怖くはないんですけど、やっぱり気持ち悪かった…

チェ・ミンシクの演技はまるで去年の「カトリーナ」。巨大ハリケーンです。この役を演じきれるのはミンシクしかいないでしょう。当ブログのFAAにもノミネートされています。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
    当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



    当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
    にほんブログ村 映画ブログへ

    50音順映画レビューは↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。