スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年02月26日 [05:11] [映画レビュー]中国映画 

PROMISE 無極

「PROMISE 無極」  5点満点中 ☆
監督:チェン・カイコー
出演:チャン・ドンゴン/真田広之/セシリア・チャン/ニコラス・ツェー/チェン・ホン

■AWARDS■
☆ゴールデン・グローブ賞
外国語映画賞 ノミネート

■PLOT■
時は戦乱の時代、両親を亡くしその日の食べ物にさえ困り、今にも行き倒れになりそうであった少女・傾城は女神と愛と引き換えに何不自由ない暮らしと男からの寵愛を得ることを約束する。そして彼女はいつしか王妃の座へと上りつめたのであった。その頃、欧の下にそびえ立つ大将軍光明は、奴隷・昆崙と共に王のもとで起きている反乱を鎮めるいくが…

■COMMENT■
ダメだった。ついていけなかった。
内容は至って単純なんだが、かなりの薄っぺらさ。
だって、一番最初にチャン・ドンゴンがバッファロー(?)の群れと共に、四つんばいでもの凄い勢いで走るんですよ!!!

ところどころ、チープな笑いをあからさまに狙っているシーンが多々あり、非常に不愉快であった(人差し指が立っている棒とか…)

作風はファンタジー感たっぷり。ただ、戦闘シーンとかもうちょっと上手く撮って貰って、演出もテンポ良くして、そうすればちったぁ面白くなったと思う。本作と似た映画でイーモウ監督の「HERO」「LOVERS」は大変感銘を受けましたので。特に撮影・演出に。

演技・演出・編集・脚本、全てイマイチ。
こんな映画がどうしてゴールデン・グローブにノミネートされたのか意味不明だ。チェン・カイコーもここまで来るとかつての「覇王別姫」が夢のようである。

CGもここまで来るとお粗末にも程がある。物語のラスト、ホント意味分からん。なんじゃありゃ!!
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
    当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



    当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
    にほんブログ村 映画ブログへ

    50音順映画レビューは↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。