スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年02月26日 [23:21] [映画レビュー]アニメ映画 

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者

「名探偵コナン 瞳の中の暗殺者」  5点満点中 ★★★★★

監督:こだま兼嗣
声の出演:高山みなみ/山口勝平/山崎和佳奈/神谷明/茶風林/高木渉/林原めぐみ/岩居由希子/高木渉/大谷育江/松井菜桜子/高島雅羅/塩沢兼人/湯屋敦子/千葉一伸/百々麻子/島香裕/山野井仁/中田浩二/大原さやか/井上和彦

■PLOT■
ある雨の日。少年探偵団の目の前で、奈良沢警部補が何者かに撃たれてれる。そして、あるマンションの地下駐車場にて芝巡査部長が射殺されているのが発見される。そして、白鳥警部補の妹の結婚を祝う会が催されている最中、佐藤刑事がパーティーに招待されていた毛利蘭をかばって銃弾に倒れてしまう。そこで犯人の姿を見た蘭は恐怖心から記憶喪失になってしまう。真犯人は顔を見られた蘭を消そうと迫ってくる!江戸川コナンは蘭を守る事が出来るのか!蘭の記憶の行方は!?劇場版シリーズ第4弾!

■COMMENT■
爽快!楽しめました!

名探偵コナン劇場版シリーズの中でもトップ3に入る作品だと思います。出てくる登場人物一人一人に個性が合って、脚本家の古内さんは「名探偵コナン」を書かせたら本当に上手いなぁと感心しました。

本作の最初は警官の連続殺人から始まり、事件の真犯人が「Need Not to Know=警察関係者」では無いかとの疑惑へと移行する。そして、「名探偵コナン」のお馴染みのキャラクター佐藤刑事が狙撃され、蘭も記憶喪失になってしまう。一人一人の容疑者たちも丁寧に描かれていて、観客も犯人探しを楽しめ、犯人が蘭・コナン一行に忍び寄る姿、コナンが迫りよる姿、ハラハラしながら鑑賞させて頂きました。

蘭が記憶喪失になるという設定は少々いき過ぎかなぁとも思いましたが、そこはご愛嬌。このプロットのお陰で、最後までぐいぐい引き込まれ楽しめました。最後、トロピカルランドにて犯人とコナンが追いつ追われつ対決しますが、そのシーンも大変良かった。思わず感動してしまうシーンもいくつか用意されていて、思わず涙してしまいました。

かつて僕も「名探偵コナン」なんてただのアニメだろ~。なんて考えていた偏見の持ち主の一人でしたが、いやぁー、エンタメ作品ですね。今年の10作目も期待しています!
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
    当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



    当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
    にほんブログ村 映画ブログへ

    50音順映画レビューは↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。