スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑

2006年04月19日 [00:45] [映画レビュー]2005~ 

Mr. & Mrs. スミス Mr. & Mrs. Smith

「Mr. & Mrs. スミス」  5点満点中

監督:ダグ・リーマン
脚本:サイモン・キンバーグ
出演:ブラッド・ピット/アンジェリーナ・ジョリー/ヴィンス・ボーン/アダム・ブロディ/ケリー・ワシントン


■PLOT■

運命的な出会いから運命的な結婚をし、今や結婚5・6年目を迎えたスミス夫妻。表向きはリッチではあるがいたって普通の夫婦生活を営んでいるかの如く見えた。一方、二人は夫婦生活のマンネリ化を感じ、カウンセリングを受けている。そんな二人にはカウンセラーにでさえ、とてもじゃないが言えない秘密があった。実は二人は暗殺組織のトップアサシンだった!しかも二人はそれぞれ対立する組織に属していた!お互いこの正体を隠し続けていたが、ある時、二人に同じ標的の仕事が舞い込み、ミッション遂行中の現場でばったり遭遇してしまう。正体を知られてしまった以上、生かしておけないのがこの世界のルール。二人はお互いを殺すために壮絶なる戦いの火蓋が機って落とされた!

■COMMENT■
これが不思議かな、本作は何故か評判が良い。あのアメリカのウォーク・オブ・フェイムに名を刻んだ名批評家であるロジャー・エバート氏は4点満点中3点の評価。正直、私は本作を鑑賞して『だからどうした』との感想しか持てませんでした。なので、レビューも書くのも辛いのですが…

まず、最近話題をたくさん提供してくれているブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーのカップルが主演ということでちょっと興味が惹かれます。しかも、バリバリのアクション・ムービーで演出はアクションを得意とするダグ・リーマン監督。これは爽快なキレのあるアクション・ムービーだと勝手に期待して、本日新文芸座まで鑑賞に行きましたが、ぐったり。主演の二人のカリスマ性は大変光っていて、この二人は観客をスクリーンにひきつける魅力があるのだと再確認。更に、この二人が起こす「ケミストリー」は大変力強く、二人が共演する事により、お互いのスター性を何倍もの力に引き立てている。演じている二人も大変楽しく演じているのが画面を通しても伝わって来る。

まず本作はこの夫婦のカウンセリング場面から始まる。結婚5・6年目にして夫婦生活は半ばマンネリ化。はっきり言って『夫婦の危機』を迎えているようだ。彼らは殺し屋であり、お互いその秘密を隠して生活してきたのだが、その秘密が露呈される事となり、お互いを標的に『壮絶な夫婦喧嘩』がスタートされる。これぞ世界一の夫婦喧嘩だと言わんばかりに、銃撃戦バリバリのアクション・シーンが繰り広げられ、普通の夫婦であれば間違いなく死んでいるバトルを繰り広げる。閑静な住宅街で派手な銃撃戦を繰り広げるわりには警察もやって来ない。勝手にスーパーの中へ入って、殺し合い。とにかく、銃撃戦による殺し合い。何度も同じようなシーンが繰り返され、アクションが得意のはずなダグ・リーマン監督にしては技が無い。銃撃戦ばかりで大変くどく、同じような画が続くので、見ていても面白くなくキレに欠ける。本作のラストシーンは容易に想像出来るので、早クラスとへ行け!と後半になり心から願ってしまった。最後まで本作を鑑賞出来たのは、主演の二人によるスターパワーのお陰である。ただ、この二人の見せ方も、アンジェリーナ・ジョリーの太ももはセクシーでしょ?とか、ブラッド・ピットは格好いいよね?っていう撮り方をしていましたので、そのねちっこさにウンザリ。設定は絶妙であると思いますが、残念ながらその設定を存分に活かしきれず、ただの敵と火薬の量が多いだけの映画になってしまった。

ただ、喧嘩中のご夫婦でご鑑賞されると、笑えるかと思いますし、仲直りも出来るのではないかとさえ思ってしまう映画です。何にも考えずに見るにはおススメの1本!?

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年04月18日 [05:22] [映画レビュー]日本映画 

TAKESHIS'

「TAKESHIS'」  5点満点中

監督・脚本・編集:北野武
出演:北野武/京野ことみ/岸本加世子/大杉漣/寺島進/渡辺哲/美輪明宏/六平直政/ビートきよし/津田寛治/石橋保/國本鍾建/上田耕一/高木淳也/芦川誠/松村邦洋/内山信二/武重勉/木村彰吾


■PLOT■

芸能界の大物タレントとして名を馳せるビートたけし(北野武)にそっくりな売れない役者・北野(北野武)は、コンビニ店員として働きながら、オーディションを受ける毎日。しかし、オーディションにも中々合格せずに、役者として目が出ないままでいた。ある日北野は、偶然にもTV局でビートたけしと出会う。ビートたけしに憧れる北野。北野がどこか気になるビートたけし。やがて二人は夢か現実か分からない世界へと迷い込み、不思議な体験をする。


■COMMENT■
北野武監督いわく、「見るものを混乱させる映画にした」との事。ここで、北野監督に疑問を呈したい。何故、ストレートにメッセージをぶつけずに、混乱させる映画を作ったのですか?ここで、やっかいなのが北野監督はあえて混乱させる映画を作ってしまった事である。ゴダールやフェリーニ、ベルイマンなどは映画史の中でも難解だと言われる映画を多数監督しているが、彼らの場合は意図して「混乱」させようと思っていた訳ではなく、テーマを追求するうちに多少難解になってしまったのだ。しかし、あえてお金を払って映画を見る観客を混乱させようとは、北野監督はお人が悪い。確かに、混乱というよりかは北野監督の感性に全くもってついて行けずに、途中から本作への理解を完全放棄しました。全体的な感想として、本作は北野監督の自己満足映画であり、尚且つメッセージやテーマを有する事無く、私達観客は本作を鑑賞しても、(特に北野監督ファンではない限り)全く意味が無いのではなかろうかとさえ思いました。私自身、北野武さんは好きですが、映画監督・役者として北野武を見た際、残念ながら特に評価できる方だとは思っていません。故に、本作は好きでもない方の自己満足の映像を110分見せられただけでしたので、苦痛以外の何者でも無く、北野監督の方向性を疑った次第です。

何点か大変気になったのですが、中でも気になったのが銃撃戦シーンの多さ。銃を撃ってる北野さんの姿がある程度様になってりゃ少しは見るに堪えられるが、ただの金髪の中年おやじが何分間も銃を撃ってるシーンなんか見ても面白みが無い。多少銃撃戦を挿入してくるならまだしも、何度も何度も歯切れが悪い。大分、テンポ・リズムを悪くしていますね。あといい加減タップダンスも見飽きた。北野監督がどうしても観客に彼らのタップダンスを見せたかったのか、なんだかは詳細は分からないが、前作からしつこいんですよね。同じネタを何度も使いまわしたら、観客は常に新しいものを求めているので、そっぽを向いてしまうのは明白である。あと、不要なフラッシュバックの多様。これが説明過多になってしまっており、完全にリズムを崩壊させており、観客のいらいらも募らせる。あと、つまらないギャグの連続ね。自分自身でギャグを言わずに、ゾマホンとか使うのは卑怯。完全に寒いっすよ。

簡単に言えば、本作は北野武なる人物のお披露目映画である。つまりは芸能界でも大物の部類へと成長した北野監督が自分自身を見つめなおして、自分を主観的に・客観的に観察したのが本作なのだ。そうして、結局は自分自身のエゴを徹底的にさらけ出したのである。まぁ、監督というのはある程度力を持ってくると自分をさらけ出したくなる傾向があり、本作もフェリーニの『8 1/2』と比べて批評される方もいますが、とてもではないが比較にならず。北野監督が一番好き勝ってやって、監督ご自身が一番撮りたかった内容の映画であるとは思うが、残念ながら観客のニーズに応えず、好き勝手やると失敗するという良い例です。(かつてはアルモドバルの『バッド・エデュケーション』の例もありますね)

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年04月18日 [01:38] [映画レビュー]韓国映画 

連理の枝

「連理の枝」  5点満点中

監督:キム・ソンジュン
出演:チェ・ジウ/チョ・ハンソン/チェ・ソングク/ソ・ヨンヒ/キム・スミ/ソン・ヒョンジュ/チン・ヒギョン

■PLOT■
ゲーム会社の若社長ミンス(チョ・ハンソン)はプレイボーイ。捨てた女性は数知れず。ある雨の日、ミンスはバス停で雨宿りをしている女性・へウォン(チェ・ジウ)をナンパ。彼女の目的地である病院まで車で送り届ける。ミンスは車に忘れられたヘウォンの携帯電話を見つけ、ヘウォンを3日で口説き落とすと友人であり会社の共同経営者であるギョンミン(チェ・ソングク)に豪語する。ヘウォンを探すために体の総合検査という名目で病院へ入院するミンス。そしてヘウォンと再会する。ヘウォンはこの病院の入院患者であり、時たま病院を抜け出していた。お茶目で魅力的なヘウォンに今までに無い感覚を抱くミンス。しかし、ミンスが近づくにつれて離れていくヘウォン。そんなヘウォンには隠された秘密があった…

■COMMENT■
これぞ「究極の恋愛映画」と呼ぶに相応しい名作でした。「恋愛映画」を際立たせるありとあらゆるエッセンスがそれぞれ最高に本作を引き立たせている。まずは主人公が不治の病にかかっていること。これは恋愛映画にはかかませません。男性の主人公がお金持ちのプレイボーイであり、お茶目で可愛い女性主人公に恋をすることにより恋愛感が変わり、彼女だけを愛するようになる。そして、主人公には友人がいてその友人同士で恋におちる。そして、その友人たちは面白おかしく観客の笑を誘うシーンが多数ある。これも恋愛映画では必須です。(本作では更に病院の医師と看護士の恋愛話もあり、またこの二人のやり取りが観客の笑を誘っていました)そして、主人公二人の恋愛を最高に盛り上げる主題歌と音楽。今までの恋愛映画・ドラマから良いエッセンスを研究しつくし、それらの良い部分を全て取り入れてまるで制作されたのではないかと思われるほどの定番オンパレードであるが、それぞれの映画を面白くさせるための要素が最高レベルで心地よく融和されているため、分かっていても何故か泣けてしまいました。これぞ「最高にストレートな恋愛映画」であり、「確実に泣ける恋愛映画」です。ストレートな恋愛映画を求めている方は、本作を鑑賞すべし!

ミンスとヘウォンの出会いから、各々の背景を描き、恋愛へと発展していくまでの前半はかなりのコメディ・タッチ。キザでクールなプレイボーイをチョ・ハンソンが堂々と演じ切り、勝気でお茶目で魅力的なヘウォンをチェ・ジウが生き生きと演じていました。特にチェ・ジウはヘウォンという役柄に命をもたらし、彼女の魅力が本作を更に良いものへと発展させました。この二人の恋愛話がもちろんメインではありますが、他の二組のカップルもちょこちょこ出てきて笑いを生み出していく。そして、後半になると一気に主演の二人のみに絞られ、二人の悲恋で最高に盛り上がるという仕掛けになっています。監督は様々な泣きポイントを劇中に用意しており、私はまんまと監督の意図にはまり泣きじゃくってしまいました。

本作はただ悲しいだけではなく、「人を愛する事」の大切さ・儚さを静かに観客に伝えてきます。既に余命が限られている状況の中、一生分の幸せを得て、一人の人間を最高に愛する。愛は強いですね。人を想う気持ちがいかに大切なのか、改めて知ることが出来ました。「死」とは一体なんだろう…という台詞が出てきますが、私にも良く分かりません。ただ、死が二人を引き離す事は出来ないのだと感じました。二人の気持ちはいつまでも繋がっているのだと。本作では「死」がテーマになっている部分もありますが、全体として決して重い雰囲気ではなく、二人の愛情たっぷりの、見ていて幸せな気分になれる、そんな映画でした。

カップルの皆様には最高のデートムービーだとお思いますよ!

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年04月17日 [06:20] [映画レビュー]日本映画 

容疑者 室井慎次

「容疑者 室井慎次」  5点満点中

監督・脚本:君塚良一
出演:柳葉敏郎/田中麗奈/哀川翔/八嶋智人/吹越満/佐野史郎/柄本明/真矢みき/筧利夫/北村総一朗/小野武彦/斉藤暁/津嘉山正種/大和田伸也/大杉漣/小木茂光/升毅/木内晶子/モロ師岡/高橋昌也



■PLOT■

「踊る大捜査線」シリーズの「交渉人 真下正義」に続くスピンオフ企画第2弾。2005年2月、警視庁の室井慎次管理官(柳葉敏郎)が指揮した殺人事件の容疑者である警察官が取り調べの最中に逃走、事故に合い死んでしまう。暴力的行為や過剰な取調べがあったとして、死んだ警察官の母親が室井を刑事告訴、やがて室井は逮捕される…室井の担当となったのは新米の女性弁護士小原(田中麗奈)であった。室井は一時釈放されるものの、相手方の灰島弁護士(八嶋智人)の執拗な追求により、警察官辞職へと追い込まれていく…


■COMMENT■
予告編の出来は上出来だと評価していましたので、期待がどんどん高まり見た結果…期待しすぎた分、ちょっとがっかりでした。

本作は織田裕二さん主演の「踊る」シリーズのスピンオフ企画の第2弾であり、柳葉さん演じる室井管理官が主演とあって、大変渋い・大人が見ても大変楽しめるような作りになっています。物語のプロットも凝っていましたし、キャスティングも絶妙、室井さんの過去の恋愛話があったりして、ちょっと涙を誘うシーンもありました。一つ一つの要素は非常に良かったのですが、私としましては全体的に上手にまとまっておらず、あっちこっちでごちゃごちゃしてしまって、大変分かりづらかったというのが鑑賞後の率直な感想です。一つ一つのプロット・構成は非常に良く練られているにも関わらず、登場人物たちがどうも一本調子で薄っぺらく(特に灰島弁護士)見ていて、半ばいらだってきました。また、最後のラストのあっけなさにもぽかーん。がっかり。これぞ拍子抜け。これはしらけます。

柳場さんの演技はあまり見た事がありませんでしたが、まぁまぁ健闘していたと思います。ただ、この手の俳優は演技の幅としては極端に狭く、全く正反対の役柄をナチュラルに演じることは出来ないのでしょう。室井管理官がもともとそういった役だからかもしれませんが、表情が淋しく、台詞も少なかったのでなかなか演じ手である柳場さんから室井の心情が伝わってこず、あまり感情移入が出来ませんでした。柳場さんに協力する警察官役で哀川翔さんが出演されていて、お二人の共演を嬉しく思いました。ただ、どことなくぎこちなく、哀川さんの台詞も大変聞き取りづらくて、満足という結果には至りませんでした。女弁護士を演じた田中さんはちょっと空回り。残念ながら完全に役そのものを手に出来ておらず、室井とも融和出来ていませんでした。八嶋は完全に舞台のノリ。ああいうオーバーな演技を映画で披露されても、私としましては非常に目障りなだけ。オーバーに動く事でしか、自分の存在をアピール出来ない役者は、見ていても面白みが無く、大変つまらないですね。
なかなか、全てが上手い具合に融合されておらずに、どっかとっちらかった感は拭えませんが、演出は大変無難でしたので、飽きずに2時間鑑賞する事が出来ました。また次のスピンオフも公開されたら見ようかと思います。もう出来ないですかね???

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年04月16日 [04:02] [映画レビュー]韓国映画 

霊 -リョン-

「霊 -リョン-」  5点満点中

監督:キム・テギョン
出演:キム・ハヌル/リュ・ジン/ナム・サンミ/シニ/キム・ヘスク

■PLOT■
女子大学生のジウォン(キム・ハヌル)は、ある日突然記憶喪失へとなってしまう。全く高校時代の記憶が思い出せないジウォンは、気持ちを新たに人生をスタートさせようと留学を決意する。しかし、ジウォンの母親(キム・ヘスク)は、ジウォンの留学に関して全くいい顔をしていない。既に父親が他界している今、ジウォンが留学してしまうと家に一人きりになってしまう。母親はジウォンに留学を思いとどまるよう懇願するのであった。そんな折、ジウォンの目の前に高校の頃の友人が現れる。その友人を思い出せないジウォンであったが、その友人は怪奇現象に悩まされており、ジウォンの身の回りでも起きていないか尋ねるのであった。その頃から、ジウォンは奇怪な現象に遭遇していく…


■COMMENT■
まずこのポスターをご覧下さい⇒⇒⇒
韓国版のオリジナル・ポスターですが、何と怖いんでしょう。このポスターに惹かれました。正直自分はホラーに関しては厳しい目を持っていると思う。とは言うものの、ホラーは大好きである。ホラーが好きというかお化けや霊魂などそういった類の話が大好きである。何度も霊魂と呼ばれるものに遭遇した事があるし、怖い思いをした事がある。ちょっと話が脱線してしまいましたが、その霊魂を人間が作り出し、観客の恐怖を煽るのがホラー映画である。大前提として、ホラー映画は「作り物」であり、本物のお化けなんか出ているわけが無いのである。そう考えると、ホラー映画はちっとも怖くない。恐怖を感じなくなってしまった。なので、ホラーでも単純に観客を驚かせるものだけではなく、結末で大逆転が用意されていたり、感心する映像技術や音の使い方、出演者たちの演技が好調だったりすると私としては非常に嬉しいのであり、映画の評価へと繋がる。そういった観点から本作を評価すると、「怖さ」が2点、キム・ヘスクの演技と結末に1点の合計3点であった。(ただ、他の人の意見を聞くと、本作は結構「こわい」と評判)

キム・ヘスクの演技に関しては、ラストに近いシーンで大きな見せ場が待っており、ヘスクお母さんファンとしては、大変嬉しい限りでした。このキム・ヘスクという女優さんは、韓国のお母さん的な女優さんであり、ドラマ「秋の童話」「冬のソナタ」、映画「マイ・ブラザー」「大変な結婚」などで活躍。ヘスクお母さんが出演されていると、必ず何か一波乱あるので、どうしても期待が高まってしまいます(笑)コメディ映画で印象深いキム・ハヌルも全く異なる二つの人格を使い分けるシーンが登場しますが、大変上手に演じ分けることが出来ていて、単なるコメディ女優ではないという事を照明した形になりました。自分自身の役柄の幅を広げたといえるでしょう。

ところで、韓国ではいじめが社会問題と化しているのでしょうか?、こういったホラー映画ではいじめられて死んだ女生徒が霊魂としていじめた奴を殺していく…みたいな基本プロットが存在しているような気がしないでもないのですが、如何でしょう?

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    日本一早いアカデミー賞ノミネート&受賞予想、年代を問わない数々の作品のレビュー。
    当ブログで独自に設立した映画賞、FAAのブログ。



    当ブログを気に入って頂けた方はポチッとお願いします↓↓↓
    にほんブログ村 映画ブログへ

    50音順映画レビューは↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。